鶏の唐揚げの元祖はココ!東京・銀座が誇る老舗の名店「三笠会館」で味わう最高の鶏の唐揚げとは?

噛みしめるたびにジューシーで香ばしい味わいが溢れてくる、おつまみにもご飯のお供にもお弁当にも、何にでも合う最高の料理の1つといえば、鶏の唐揚げ。

居酒屋や定食屋以外にも様々な唐揚げのスタイルが様々なお店で存在していますし、家庭でもどこでも気軽に味わえる鶏の唐揚げは日本の国民食の1つといっても過言ではないかもしれません。

そんな美味しい唐揚げですが、日本で初めて鶏の唐揚げをメニューとして提供したお店が銀座にあることをご存知でしょうか?

今回は鶏の唐揚げの元祖と言われている東京銀座の名店「三笠会館」をご紹介しましょう。

・1925年(大正14年)創業の老舗、銀座が誇る名店「三笠会館」

こちらのお店、1925年(大正14年)創業の銀座の名店。

1925年(大正14年)といえば、加藤高明内閣によって普通選挙法が成立し、日本初のラジオ放送開始されるなど、社会にとって大きな転換点となった時代。

そんな時代に、奈良出身の創業者が万葉集にも詠まれている山の名前を冠したお店は、かき氷屋から創業をスタート。

今なお多くの人々に愛される銀座の名店として知られています。
IMG_1511
・「三笠会館」の看板メニューといえば「鶏の唐揚げ」
こちらのお店で鶏の唐揚げの提供がスタートしたのは昭和7年(1932年)。

当時は鶏肉はほとんど流通していなかった時代のため、鶏肉は牛肉よりも希少で高価なものだったそうです。

そんな時代に生まれた新メニューは、三笠会館の大人気メニューとなったとのこと。
IMG_1510
IMG_1490

それもそのはず、非常にこだわって作られた「鶏の唐揚げ」は最高の味わいを堪能できます。

骨つきのブツ切りの鶏肉を、焼酎、醤油、ごま油などを混ぜた特製のタレにくぐらせ、さっと片栗粉であげた唐揚げは、鶏肉のウマミと食感をたっぷりと感じることができます。

サクサクとした表面と中はしっとり柔らかくジューシー、それぞれの部位の違いも楽しめますし、ごま塩とカラシ、レモンなどでお好みで味わえるのも、魅力の1つ。
IMG_1493
IMG_1505
IMG_1504

そんな美味しい唐揚げとビールの相性たるや、言葉での説明はもはや必要ないかもしれません。
IMG_1494

90年以上の長きにわたって銀座で愛され続けてきた、鶏の唐揚げ。

そんな時代の移り変わりを経ても、多くの人々に愛され続けてきたメニューを味わう、そんな食欲の秋を楽しむ旅をしてみるのも良いかもしれません。

そして多くの人々に愛されてきた味わいに出会ったのなら、きっともっと銀座のことが好きになってしまうに違いありません。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 ラ ヴィオラ 三笠会館本店 (Italian Bar LA VIOLA)
住所 東京都中央区銀座5-5-17 三笠会館本店 1F
営業時間 月曜日~金曜日 11:30~22:30(ラストオーダー 22:00)/ 土曜日、日曜日、祝日 11:00~22:00(ラストオーダー 21:30)
定休日 1月1日
お店のホームページ https://www.mikasakaikan.co.jp/

IMG_1508

IMG_1509