運河に浮かぶ市場、花大国オランダのシンゲル花市場をのぞいてみよう

誰もが思い浮かべるオランダのイメージ。その1つがチューリップです。

P1130431

実はオランダはチューリップだけに留まらず、多種多様な観賞花を世界中に送り届けており、世界における市場占有率(シェア)は50%にも及びます。

また球根ビジネスに至っては、80%ものシェアを占めているそうです。(オランダ経済省発表の統計より)

九州ほどの面積の国が、何故ここまで世界で強いシェアを誇っているのか?その理由の1つは、産学官が連携して常に変革を続ける力です。

現に毎年ヨーロッパ市場に投入されるおおよそ1800もの新種のうち65%は、オランダが関係しているとの数値も出ています。

さてこの「花大国」オランダで、気軽に楽しくオランダの花の一端に触れられる場所があります。それは、アムステルダムにあるシンゲル花市場です。

この花市場の歴史は古く、140年以上の歴史を誇る花市場としてオランダのみならず世界中でもよく知られている専門市場です。

市場が開かれた当時、この花市場で売られる商品は、毎日運河をたどりボートを使って運び込まれていました。

現在残っている市場の約15軒のお店は、この名残もあり、運河に浮かぶボートの上にあります。これが『世界で唯一の水の上の花市場』と称されている所以です。

花市場が設立された当時~1960年代までは、植木や鉢植えが主流商品でした。その後、徐々に観光名所化していったことも多少影響してか、現在多くの商品は球根や園芸に関連したお土産などへと変化していっています。

ではどんなところが見どころなのでしょうか?

まずはやはりチューリップの球根。お店に並ぶその種類の多さに驚かれることでしょう。量り売りされているチューリップの球根には、それぞれどのような花が咲くか写真で示されています。

P1130437

また既にパッケージ化されたものも売られています。このパッケージにも写真がついており、それを眺めていくと、チューリップにはこれだけ多種多様な色・形あるのかと目を見張らされます。

更にお店を周ると目に飛び込んでくるのが、アマリリスなど様々なお花の球根です。これらもまた、球根の横にお花の写真がついています。

P1130432

日本でもお馴染のお花の球根の形を見たり、日本ではあまり見かけないお花を知る良い機会になるかもしれません。

P1130453

また数は少ないですが、切り花を販売しているお店もあります。季節にもよりますが、風格のある見事なチューリップが50本単位の束で売られていることがあります。

また見事なブーケも。日本のお花屋さんでの切り花とは違うスタイルを、目で楽しむことができます。

P1130435

なおこの花市場で販売されている球根ですが、一番厳しいとされるアメリカ向けの検閲が許可されたものが売られています。

お店によっては、「アメリカ向けの検閲が済んでいれば大丈夫」と言われる場合もありますが、事前に日本の検閲所轄機関などに問合せをした方がよいかもしれません。多少高くなりますが、空港にて、各国で持ち込み可能な検閲書付きの球根が売られています。

本物の球根を持って帰るのはちょっと、でもオランダ旅行の思い出の品が欲しい、家族・友人にちょっとしたオランダお土産を買いたいという場合には、木で作られたチューリップの飾りを購入するのも1つでしょう。オランダならではの豊富な色使い、丈違いのものもあります。

P1130450

P1130446

「花大国」オランダを旅する際には、オランダの花を少し深く知る機会として、シンゲル花市場にふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア