あの蒋介石も愛した絶品の味。台湾・台中の「沁園春(チンユエンチュン)」

台北・高雄に続く台湾第三の都市、台中。

一年を通して温暖な気候が続く過ごしやすい環境であることに加え、台湾の中部に位置するため、台北〜高雄間の中継地点(交通や商業の要所)として、台湾人が住みたい都市ランキングでも堂々の1位に輝いています。

人や物の集まる台中から発信される文化は数多く、まず台中で認められるかどうかが台湾全土でのヒットへ繋がる試金石となっているそうです。

そんな台湾の様々な発信地ともなっている台中では、グルメも生き残りをかけて熾烈(しれつ)な競争が繰り広げられています。

今回は、そんな激しい競争を長年勝ち抜き続け、地元の人も太鼓判を押す名店『沁園春(チンユエンチュン)』を紹介します。

・1949年設立の老舗
こちらの「沁園春」は1949年設立の台湾で最も古い上海料理店で、あの蒋介石も台中に来る度に訪れたと言われる名店です。台中の地元の人々にオススメの飲食店を聞いてみても、必ずといっていいほど名前が挙がるくらい絶大な支持を受ける台中を代表するお店です。

・蒋介石も愛した小籠包
こちらの小籠包は肉汁あふれる正統派の小籠包で、蒋介石も愛したと言われる伝統のある一品。一般的な小籠包に比べ、大ぶりでレンゲからあふれるほどの大きさです。皮も厚めでモチモチしており、非常に食べ応えもあります。王道な小籠包ではありますが、ジューシーな餡と皮のバランスが絶妙で、小籠包好きであれば一度は食べておきたい至高の絶品です。

・具材たっぷりの五目麺
こちらのお店で人気のあるメニューを店員さんに聞いたところ、オススメしてくれたメニューが「什錦麺(シューチンメン)」。「什錦」とは具だくさんという意味で、什錦麺とはいわゆる五目麺です。豚肉、エビ、青菜、きのこなど様々な具材が入っており、あっさり系のスープが上手く具材の旨味を引き出しています。数ある具材の中でも特に印象的だったのは、豚のアキレス腱。コラーゲンたっぷりでぷるぷるな食感がたまらない一品で、やや柔らかめな中細麺と一緒に口に運ぶと、ほどよい食感がいいアクセントとなってくれます。

「沁園春」は家族で訪れる人たちも多く、世代を超えて愛されるお店です。

流行発信地で日々変化の激しい台中において、ただひとつ変わらないものといえば、「沁園春」に訪れるお客さんの笑顔なのかもしれません。

台中を訪れた際は、蒋介石も愛した味を堪能してみるのはいかがでしょうか?きっと極上の料理を前に、自然と笑顔がこぼれてしまうはずです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   沁園春(チンユエンチュン)
住所   台中市中區臺灣大道一段129號
営業時間 11:00-15:00、17:00-21:00
定休日  なし
























この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 沁園春(チンユエンチュン) ー 台湾

住所 : 台中市中區臺灣大道一段129號