【秘密にしておきたい空港メシ】成田国際空港第3ターミナルで食べる立ち食い寿司が本格的すぎてシビれる!「辰寿司(タツスシ)」第3ターミナル店

日本の空の玄関の1つ、成田国際空港。その成田国際空港にLCC専用ターミナルとして第3ターミナルが完成したことをご存知だろうか?

ターミナル間の移動は歩いた方が早いであるとか、ターミナルっぽくなくて競技場のようだ、という意見もあるようだが、とかくLCCと言えば「安い」という言葉が先行してしまって、価格以外は期待できない!そう思っている方も多いのではないだろうか。

しかし、LCC専用ターミナルである第3ターミナルは、第3ターミナルにまでも行って食べたい!そういわしめるほどの絶品グルメがある。それが今回紹介したいお店「辰寿司(タツスシ)」第3ターミナル店である。

・本格的すぎる寿司
LCC専用ターミナルで、さらに立ち食い、ともなれば、質が低いのでは?と思う方がいらっしゃるかもしれない。しかしこちらのお店は、成田空港の第1や第2にある寿司屋よりも美味しいのではないか?と言えるほどのクオリティなのである。たとえば、秋刀魚は秋刀魚の肝を叩いたものが載せられており、グッと深みを増した味になっているし、香ばしく炙られた穴子も非常に味わい豊かに仕上がっている。もはや芸術品と言っても良いほどの味わいだ。

・赤酢を使ったシャリ
ネタの秀逸さだけではなく、特筆したいのがシャリだ。こちらのシャリは赤酢を使用しており、これぞ江戸前という味わいをしっかりと感じる事が出来る。赤酢とは約200年程前、ミツカンの中野又座衛門が酒粕を原料として発明した酢であり、それが江戸に流通し寿司に使われるようになったのが江戸前寿司の始まり、といわれるほどの酢である。たとえLCC専用ターミナルであっても海外からのお客様も日本各地へ旅行する方も江戸前寿司を気軽に味わえる、そんな素晴らしいお店がこちらの寿司屋なのだ。

・実はあの名店の姉妹店
実はこちらのお店、あの八重洲の名店「京辰」の姉妹店とのこと。「京辰」のホームページにはこのような記載がある

================================
京辰には、マニュアルのような画一化させたものは一切ありません。各店の個性と職人の技術と情熱を大切にいわゆる画一的な「チェーン店」とは一線を画した、それぞれが違う顔をもつ京辰を目指しています。駅ビルや空港など便利な商業施設内にこそ、人の気持ちのかよった味と質で「こんな本物の鮨屋があるのか!」と感動して頂ける店を目指しています。

京辰は、それぞれの店でメニューや値段が違います。店場所の特徴やお客様の好みにあわせて、季節ごとの美味しいネタに、酢や塩や昆布などで締めたり、煮たりという、手間をかけた伝統的な江戸前の仕事をほどこし、より美味しくすることを大切にしています。
================================

実は第3ターミナル店では、持ち帰りの場合は赤酢の風味が飛んでしまうため、米酢を使ったシャリを使用するといった形で寿司を楽しんでもらう工夫まで行っている。さらには仕入れは同じ千葉県の銚子から行って、鮮度のよいものを使用しているとのこと。

第3ターミナル店だけでしか味わえない、まさに個性と職人の技術と情熱がほとばしる成田第3ターミナルのお店、それがこちらのお店と言えるだろう。

もちろん、成田国際空港の第1および第2旅客ターミナルには様々な寿司店がある

しかしながら第3ターミナルにも非常に秀逸な寿司店がある事を忘れてはいけない。

もし第3ターミナルから旅行に出かけるという方は、是非こちらのお店で江戸前の味を試してみてもらいたい。

きっとそこには海外に向けた日本の「おもてなしのこころ」を感じる事が出来るに違いない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 TATSU SUSHI(タツスシ) 成田空港第3ターミナル店
住所 千葉県成田市取香字上人塚148-1 成田国際空港第3ターミナル 2F フードコート
営業時間 04:00~21:00
お店のHP http://www.bbande.co.jp/tatsusushi/

DSC_9936
IMG_8513
IMG_8506
IMG_8515
IMG_8510
IMG_8517
IMG_8522
IMG_8530
IMG_8531
IMG_8524
IMG_8527
DSC_9966
DSC_9937



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : TATSU SUSHI(タツスシ) 成田空港第3ターミナル店

住所 : 千葉県成田市取香字上人塚148-1 成田国際空港第3ターミナル 2F フードコート