【シンガポールグルメ】あのシンガポール建国の父リー・クアンユーも味わった「東風発(トンフォンファ)」のチキンライス


かつてイギリス東インド会社の交易の要所としてイギリスの植民地となったシンガポール。

第二次世界大戦後に独立したシンガポールは、急速に発展し、いまやアジアにおける貿易、交通及び金融の中心地となるまでに成長した。

その第二次世界大戦後からの急速な成長を成功させたと言われている人物こそ、シンガポール建国の父といわれるリー・クアンユー。

奇しくも建国50周年となった今年、惜しまれつつこの世を去った偉大なる建国の父リー・クアンユーが、生前わざわざ足を運んで味わったというチキンライスが、シンガポールの中心地から離れた場所にあることをご存知だろうか。

そのお店はMRTブオナ・ビスタ駅から歩いて10分ほどのところにあるホーカーに存在する。お店の名前は「東風発(トンフォンファ)」。

・激安すぎるチキンライス
建国の父リー・クアンユーが生前味わったと言われるチキンライスであるのだが、こちらのチキンライス、なんと価格は1人前2.5シンガポールドル。アジアの中でも経済大国へと成長したシンガポールにおいて、この価格を実現し、なおかつ美味しい味を提供しているからこそ、多くのシンガポール人から愛されているお店であることが分かる。

・建国の父リー・クアンユーの写真
もしかしたら、あの偉大なシンガポールの建国の父リー・クアンユーが、1人前2.5シンガポールドルのチキンライス店、しかもホーカーに来る訳が無い、と思う方もいるかもしれない。お店には実際にリー・クアンユーが来店した時の写真が飾ってあり、店主に聞くとなんとも誇らしげに語ってくれる。写真の色はあせているが、それもまた愛嬌だ。

・肝心のお味は
こちらのチキンライスの特徴はトマトが添えられていることと、ゴマの香りがする独特のソースにある。一般的なチキンライスは、鳥のスープでご飯を炊いたものに甘い醤油のようなケチャップ・マニスやチリソースなどをつけて食べるのだが、こちらのチキンライスのチキンには特製のゴマダレがかけられており、棒棒鶏(バンバンジー)のようなテイストとなっている。また添えられたトマトの酸味もいい塩梅(あんばい)で、大きめのパクチーとも相性抜群。これにライスとスープが付いて200円ちょっとで食べられるとは驚きだ。

独立から50年をまさに流れ星の早さで隆盛へと導いたシンガポール建国の父リー・クアンユー。

そんな彼が生前楽しんだ、まさに庶民の味わいが色濃く感じられるチキンライスを味わってみてはいかがだろうか?

そこにはきっと、古き良きシンガポールの香りさえも味わえる一皿があるにちがいない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店:東風発(トンフォンファ)
住所:Blk 20 Ghim Moh Road, #01-49 Ghim Moh Market and Food Centre
営業時間:10:00~21:00
休日:無休

行き方:MRTブオナ・ビスタ駅下車約10分。地下道をとおってコモンウェルスアベニューを駅を背にして左方向に向かって150mほど歩き、1つ目の交差点を右。そのまま道なりに150mほど行くと右手にホーカーがあり、そのうちの1軒が東風発(トンフォンファ)

DSC_9572
DSC_9574
DSC_9581
DSC_9587
DSC_9590
DSC_9593



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 東風発(トンフォンファ) ー シンガポール

住所 : Blk 20 Ghim Moh Road, #01-49 Ghim Moh Market and Food Centre,シンガポール