【誰にも教えたくない日本の隠れ家】大衆割烹・三州屋の本店で味わう、最高の時間


様々な地域に様々な銘店といわれる居酒屋はあれど、最高のお店は人それぞれ違う。

どんな居酒屋にもそのお店に通う人々の思いが重なり、そしてそのたくさんの思いは居酒屋の持つ雰囲気となる。

今回は都内各所で多くの吞ん兵衛達を魅了し続けている大衆割烹・三州屋の本店をご紹介したい。

・三州屋の本店は蒲田
吞ん兵衛ならまずその名前を知らない人はいない、と言われるほど有名な大衆割烹・三州屋。

神田や新橋だけでなく、銀座や日本橋にもお店を構えている三州屋は、低価格で新鮮な魚介類とおいしいお酒、そして名物「鳥豆腐」を味わえるお店として、多くの吞ん兵衛をいまなお魅了し続けている。

実はそんな大衆割烹・三州屋の本店は蒲田にあるのだ。

・安くて美味しい酒の肴
三州屋の良さの1つは安くて美味しい酒の肴にある。

どれも新鮮な魚介類をシンプルながらも味わいのある調理で提供してくれる。

例えば、ワケギのヌタは濃厚な赤味噌のコクとウマミが最高であるし、

マグロの刺身は非常に味わい深いマグロのウマミを感じる事ができる。

もちろんアジのタタキや秋刀魚の塩焼きは、秋になったら絶対に食べておきたい味わいだ。

・安くて美味しいお酒
三州屋のもう1つの良さは安くて美味しいお酒にある。

たっぷりと米の旨味を感じられる日本酒が低価格で揃うというのは、美味しい居酒屋の必須条件の1つではないだろうか。

その日のウマい肴をチョイスし、その肴に合わせた好みの日本酒を選ぶ。

そんな日本酒を選んでいる時間すらも心地よい、三州屋はそんなお店なのだ。

・絶対に食べておきたいのが「鳥豆腐」
そんな三州屋の名物といってもいいのが「鳥豆腐」だ。

豆腐と春菊と鶏肉、単純にその3つを煮ただけの料理を、ネギたっぷりのポン酢につけて味わう。非常にシンプルな料理だが、非常に味わい深いのが三州屋の「鳥豆腐」なのだ。

鶏肉の美味しいダシはどこまでも後引く味わいで、どんどんとお酒も進んでしまう。

その季節の美味しい肴をあてに、美味しいお酒を味わう。

そんな時間を過ごしたい、そんな風に思う場面に出会ったのなら、三州屋の暖簾をくぐってみてはいかがだろうか。

きっとそこには、いつもと変わらない最高の味わいが待っているに違いない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 三州屋本店 (さんしゅうやほんてん)
住所 東京都大田区蒲田5-11-10
営業時間 11:30~22:30
定休日 日曜・祝日



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 三州屋本店 (さんしゅうやほんてん)

住所 : 東京都大田区蒲田5-11-10