【純喫茶紀行】岡山県倉敷市の大原美術館の隣にある美味しいカフェ「エル・グレコ」

かつて明治時代の日本において、多くの知識人や文化人が集まっていた場所、それが「喫茶店」。

そんな時代の流れを脈々と受け継いで今にその香りを届けてくれているのが「純喫茶」というジャンルのカフェ。

実は「喫茶店」にはかつて「特殊喫茶店」と呼ばれる、現在のクラブやキャバレーのようなものがあり、それと区別するために「純喫茶」と呼ばれるようになったという歴史があり、昭和の時代には非常に多く存在した純喫茶は残念ながら現在は少なくなってきている。

しかしながら味わい深い純喫茶で過ごす時間は懐かしさや愛しさに溢れており、時間を味わうためには最適な場所。

今回はそんな時の移ろいを素晴らしい雰囲気で味わえる「純喫茶」の1つをご紹介したい。

それが岡山県・倉敷市の「エル・グレコ」だ。

・大原美術館に存在している事が奇跡と言えるほどの名画、それがエル・グレコの「受胎告知」
画家として有名なエル・グレコの本名はエル・グレコではなくドメニコス・テオトコプーロスであることは絵画ファンでなくとも知っている人は多いかもしれない。

ギリシャ出身であることからイタリア語で「ギリシャ人」を意味するグレコに、スペイン語の男性定冠詞エルがついた通称で呼ばれるドメニコス・テオトコプーロスは、マニエリスム後期の巨匠として知られており、スペイン・マドリードにあるプラド美術館には、彼の作品が多数展示されている。

そんな世界的に有名な画家であるエル・グレコは「受胎告知」のテーマで多数の作品を残しているのだが、そのうちの一点が岡山県倉敷市の大原美術館には存在している。

そんな偉大な作家の名前を冠しているのが今回ご紹介する純喫茶「エル・グレコ」なのだ。
IMG_1282

・緑と光のコントラストが美しい純喫茶、それが「エル・グレコ」
こちらの純喫茶の一番の特徴は、その店名に恥じない美しさ。

外観もさることながら、内観も素晴らしい緑と光のコントラストを感じる事ができる。

もちろん、調度品から砂糖やガムシロップの入れ物に至るまで、緑で統一されており、洗練された美しさを随所に感じる事ができる。

・絶品のミルクセーキとミックスジュース
緑と光のコントラストが非常に美しい純喫茶では様々なメニューを堪能する事ができるのだが、1番オススメしたいのはミルクセーキだ。

絶妙な大きさの氷とミルクとタマゴの甘みをたっぷりと感じられるミルクセーキは、本当に絶品の味わい。

口の中に入れると一瞬で氷の形を失ってしまい、幻のように消えていったかと思った刹那、ミルクとタマゴの甘みをたっぷりと口の中に残していく。

そしてその5秒後には口の中からサッパリとキレよく消えていくミルクセーキの優しい味わい。

その味わいと歩幅をおなじくして美しく店内に差し込む光と緑とのコントラスト。そんな雰囲気で味わう最高のデザートは、まさにこの場所でしか味わえないミルクセーキなのだ。

もちろんその他のメニューも絶品。

例えば、美味しいミックスジュースはフレッシュな果実の酸味や甘みなどを力強く、そして濃厚に伝えてくれる。

かつて倉敷の地で紡績業を成し、現在のクラレや中国電力の前身となる会社を設立するなど巨大な財閥を築き上げた大原家。

大原家が残したまさに奇跡ともいえる美しく奥行きのある絵画は、日本国内のみならず、海外の人々を含め、未だに多くの人々を魅了しつづけており、まさに時間が経っても色あせることのない素晴らしい物である。

そしてその素晴らしい絵画に負けず劣らずの素晴らしい場所の1つ、それが倉敷市に存在している純喫茶「エル・グレコ」に違いない。

素晴らしい絵画を堪能した後に味わう、世界的に有名な画家の名前を掲げた素晴らしい純喫茶の時間。

そんな時間をすごしたのならば、これまでよりももっと、倉敷市の持つ魅力に心動かされるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 エル・グレコ (EL GRECO)
住所 岡山県倉敷市中央1-1-11
営業時間  10:00~17:00
定休日 月曜日(祝日の場合は水曜日)
公式ホームページ http://www.elgreco.co.jp/