【世界のスターバックス】鴨川納涼床のカフェはスターバックスだけ!鴨川を眺めながらのコーヒーはいかが?

京都の夏の風物詩のひとつである鴨川納涼床。

祇園祭とともに京の年中行事となっています。

一般的には納涼床(のうりょうゆか)と呼ばれていますが、地域によって呼び名が違い、鴨川では(かわゆか)、京都の奥座敷である貴船や高雄では川床(かわどこ)とよばれています。

毎年5月1日~9月30日まで鴨川沿いに並ぶ飲食店に張り出した床の上で食事をすることができ、納涼床を楽しむために全国から観光客が訪れるほど人気のエリアです。

納涼床のお店は、「上木屋町エリア」、「先斗町エリア」、「西石垣エリア」、「下木屋町エリア」の4エリアに分かれており、それぞれ個性のあるお店で、和・洋・中または京懐石料理を楽しむことができます。

二条から五条にかけて約90軒ほどのお店が並ぶその光景を見ると、自然と今年も夏が来た気分を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、上木屋町エリアにある「スターバックスコーヒー京都三条大橋店」

スターバックスは、三条大橋のたもとにあるシアトル生まれの人気コーヒーチェーン。

実はカフェの納涼床はここだけ。

床料はなく、店内と同じメニューが楽しめるとあって、週末ともなると川床でカフェを楽しむ人々で行列ができるほどです。

納涼床の利用時間は、基本的に夜の納涼床が中心ですが、5月・9月は昼の納涼床も楽しめます。

夏でも床の上は意外にも涼しく、川の流れと川風に涼みながらコーヒーや冷たいドリンクを楽しむことができるのはスターバックスだけ。

三条大橋のたもとという絶好のロケーションで、橋を行き交う人々を眺めながらドリンクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

すっかり日が沈み、薄闇に浮かぶ店々の灯り。鴨川全体が幻想的な雰囲気につつまれます。

これもまた京都ならではの風情。

夜は日中の厳しい暑さでの気温も下がり、ゆっくりと流れる時間の中、満天の星空の下でカフェを楽しむのもオススメ。

夜遅くまで開放しているため、食事の後に訪れてもいいかもしれません。

雨の日は、床の提供は中止になってしまうため、ぜひ晴れた日に訪れてみてください。

夏の訪れとともに始まる納涼床は、昼と夜では違った顔を見せます。

川のせせらぎに耳を傾けながら、好きなドリンクを楽しんでいると、いつもより会話が弾むこと、間違いないですよ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 スターバックスコーヒー京都三条大橋店
住所  京都府 京都市中京区 三条通河原町東入ル中島町113 近江屋ビル 1F
営業時間 08:00~23:00
納涼床の営業時間 5,9月 11:30-22:00、6,7,8月 16:00-22:00
定休日 不定休
ホームページ http://www.starbucks.co.jp



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : スターバックスコーヒー京都三条大橋店

住所 : 京都府京都市中京区三条通河原町東入ル中島町113 近江屋ビル 1F