JR名古屋駅でおいしいパンを食べたいなら、ブーランジェリー ゴントランシェリエへ行こう!

2015年4月、ジェイアール名古屋タカシマヤ1階にOPENしたブーランジェリー(パン店)、ゴントランシェリエ。

フランスのブーランジェ・パティシエ(パン・菓子職人)の家系に生まれ、三ツ星レストランなどで修業を積んだ国民的人気ブーランジェ・パティシエのゴントラン シェリエ(GONTRAN CHERRIER)氏が、2010年、パリ18 区モンマルトルに開店させたのが、ゴントラン・シェリエ・ブーランジェリーです。

日本にも、現在、東京に4店舗、仙台に1店舗、福岡に1店舗、そして名古屋に1店舗を展開中。東海地方では、ここジェイアール名古屋高島屋店でのみ、ゴントランシェリエのパンを食べることができます。

オープン後しばらくは長蛇の列だったようですが、現在はお客さんが次々と入ってはくるものの、並ばなくてはならないほどではありません。

ゴントランシェリエJR名古屋高島屋店は、JRの桜通り口改札のすぐ近く。待ち合わせ場所として有名なモニュメント「金の時計」からも歩いて30秒くらいです。

店内に足を踏み入れると、両側にぎっしりと並ぶ数々のパンに圧倒されそうになります。

香ばしいパンの匂い、リッチなバターの香り……パン好きの人にはたまりませんね。

パリといえばクロワッサンですが、ゴントランシェリエの一番人気もクロワッサン!

やや厚めの層が美しく折り重なったクロワッサンは、パラパラと儚すぎる食感ではなく、しっかりした噛み応え。サイズもやや大ぶりで食べ応えがあるにもかかわらず、1個180円(税込)とお値段も手ごろです。

そのままでももちろんおいしいですが、テイクアウトする場合は、家で軽くトーストしていただくと、よりさっくり&パリパリした歯ごたえが楽しめます。

コーヒーとシナモンのパン・オ・レ 200円(税込)

ミルク風味のもっちりとした食感のパンにコーヒーとシナモンを巻き込んだおやつパン。

クランベリーとアーモンドのカンパーニュ 270円(税込)

カンパーニュ(そば粉)生地にアーモンドとクランベリーを混ぜ込んだハード系のパン。

バゲット・トラディション(プチ) 130円(税込)

パリから持ち込んだ自家製酵母を使用し、低温長時間発酵でじっくりと麦の味わいを醸したパン。生ハムやチーズといっしょに食べたくなりますね。

それにしても、すごく丁寧に作られているのに、130円というプチプライスにびっくりです。

こういう海外から日本へやってきたおしゃれなブーランジェリー、それもデパートに入っているお店となると、パンの値段もけっこう高めなことが多いですが、ここゴントランシェリエのパンは100円台、200円台のものが多く、買いやすいのが嬉しいですね。パンの種類も豊富で、ついあれもこれもとトレイに乗せたくなります。

カンパーニュやバゲットなどハード系の食事パンが充実している印象ですが、クロワッサンやデニッシュ、甘いパンも揃っています。また、パイやケーキ、焼菓子なども種類豊富で、手みやげにも重宝しそうです。

店内奥にはイートインスペースもあり、購入したパンをドリンク(別途注文)といっしょにいただけます。

ホットドックチョリソーSET 780円や、クロワッサンサンド(えびアボカド)SET880円など、イートイン限定のメニューも。

イートインスペースの駅構内通路に面したカウンターは待ち合わせにも便利。

電源もあるので、ノマドワークにも使えそうです。

名古屋駅構内直結という便利な立地で、ひとりでも入りやすい雰囲気の店内。

営業時間も朝7時30分~21時までと長いので、朝早く名古屋駅に着いたときにイートインスペースを利用したり、夕方や夜に名古屋駅から帰る場合にテイクアウトをしたりするのにおすすめです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店の名前 ゴントラン シェリエ GONTRAN CHERRIER
お店の住所 名古屋市中村区名駅1-1-4 ジェイアール名古屋高島屋1階 北ブロック デリシャスコート
営業時間 7:30~21:00
定休日 不定休
ホームページ http://gontran-cherrier.jp/



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : ゴントラン シェリエ GONTRAN CHERRIER

住所 : 名古屋市中村区名駅1-1-4 ジェイアール名古屋高島屋1階 北ブロック デリシャスコート