チーズ好きなら当たり前!オーストラリア・メルボルン郊外のゴートチーズセラー「メイン・リッジ・デイリー」で楽しむ絶品のチーズ

世界一住みたい都市に何度も選ばれているメルボルン。

シティの欧風の街並み、野生のペンギンの営巣地でもあるセントキルダ・ビーチ、数々のワイナリーが点在するヤラ・バレーなど魅力的なエリアが多く点在しています。

食文化の多様性を背景にグルメや味のうるさい人も多いのが特徴。そんな彼らが週末を過ごすのがメルボルンから車で1時間半ほど南東に位置するモーニントン半島です。

海と山の恵みを存分に味わえるロケーションのため、ワイナリーをはじめイタリアンやフレンチの隠れ家レストラン、ショコラティエなどが多いことでも知られています。

それらのショップやレストランは英語で「隠された宝石(知る人ぞ知る場所)」などと形容されることもあります。

日本ではまだちょっと珍しいチーズセラー。

オーストラリアは酪農国でもあるため、郊外に行くとご当地チーズが味わえる場所が多く見かけます。

モーニントン半島の南端山間部にあるメイン・リッジ・デイリーは、ゴート(ヤギ)チーズ専門セラー。

緑あふれる丘陵地帯にはヤギが放し飼いになっており、訪れた人を出迎えてくれます。

ヤギのイラストが描かれたエントランスを入ると、ゴートチーズを販売している売店とローカルワインなども置いてあるカフェがあります。

どのチーズを買ったらいいのかわからない場合は、テイスティングをオーダーしてみましょう。

ちなみにこちらのチーズセラー、国内の品評会などにおいて受賞歴のあるチーズもいくつかあります。

テイスティングと言っても堅苦しさはありません。

訪れた時期に最も食べごろとなっているチーズ数種類がサンプルプレートで出てきます。

その際に出されたチーズに関しての情報が記載されている紙も一緒にもらえるので好みものをチェックします。

天気のよい日なら、ヤギたちがのんびり草を食んでいるのを眺めながらオープンエアのテーブル席がおすすめ。

サンプルプレートの中央にあるのは薄いウェハース。この上にチーズをのせて食べます。新鮮で手作りの旬のゴートチーズは、ふんわりとした食感で上質な味わい。

搾りたてで新鮮なゴートミルク(ヤギのミルク)も飲むことができます。

オーストラリアのチーズセラーはそれぞれに特徴があり、どこも「ここでしか食べられない」ものばかり。

訪れた際にはチーズとの一期一会の出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 メイン・リッジ・デイリー(Main Ridge Dairy)
住所 95 Main Creek Rd, Main Ridge, VIC 3928
営業時間 10:00-16:30
定休日 月曜、火曜
URL http://www.mainridgedairy.com.au/