【日本麺紀行】京都ラーメンといえばココ!京都市下京区の「本家 第一旭 たかばし本店」

日本人だけでなく世界でも認められているグルメの1つと言えばラーメン。

日本全国には数えきれないほどのラーメン店があり、もちろん知られざる名店がキラ星のごとく存在している。

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。

甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると言う松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あ” target=”_blank”>長野県木曽町の「あすなろ」のチャーシューメンなどが挙げられる。

東海地方では、いまや全国区となった名古屋名物の「台湾ラーメン」を初め、一宮市民を魅了しつづける「ベトコンラーメン」に、知られざる岐阜県多治見市の「台南ラーメン」などが挙げられる。

もちろん北の大地・北海道にも、北海道ラーメンランキングで1位を独占し続ける味噌ラーメンのお店「彩未」や、あの北川景子さんを魅了したショウガラーメンの名店「信月」など、数え上げればきりがない。

もちろん首都圏でいえば、横浜市民が愛するソウルフード・サンマー麺の名店「玉泉亭」、に平塚市民が愛して止まない独自の平塚タンメン日本で初めてミシュランの星を獲得したラーメンなど、もはや挙げていくことが困難なほど、さまざまな名店がひしめき合っているのだ。

そんな日本中にある美味しいラーメンの中から、今回は京都を代表するラーメンといっても過言ではないお店をご紹介したい。

お店の名前は「本家 第一旭 たかばし本店」だ。

・京都駅から歩いてすぐの名店
こちらのお店は、京都駅から歩いてすぐの場所にある有名なラーメン店。

その名前は世界中にとどろいているのか、多くの外国人も列を作って並んでいる。

特にランチタイムやディナータイムは非常に混雑しているので、混雑が苦手なかたは、少し時間をずらして訪問する事をオススメしたい。

・たっぷりのチャーシューが嬉しい特製ラーメン
そんなお店で注文したいのがたっぷりのチャーシューが嬉しい特製ラーメンだ。

醤油の効いたスープに、京都特産の九条ネギがたっぷりとトッピングされたラーメンは、どこか懐かしい味わい。

その懐かしい味わいに、しっかりとしたコシのある麺がよくマッチしている。
IMG_2884

もちろんチャーシューも、手抜かりの無いうまさだ。

・注文しておきたいライス
お腹に余裕がある方にオススメしたいのが、食べ放題ともいえるほど、大量のタクアンと供されるライスだ。

このライスに、好みの量のチャーシューをのせ、美味しい醤油スープをかける。そんなオリジナルのミニチャーシュー丼は最高の贅沢といえるだろう。

もちろん、好みでタクアンをのせてもいいだろうし、九条ネギをのせてもいいのだ。

行楽シーズンに京都を訪れる、そんな場合があるかもしれない。

もちろん出張などで京都を訪れる、そんな場合もあるだろう。

もし京都を訪れるのであれば、京都駅からのアクセスもバツグンなこちらのお店でラーメンを味わってみてはいかがだろうか?

そこには、京都だからこそ味わえる、そんなおもむき深い味わいのラーメンがあるに違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

店名 本家 第一旭 たかばし本店 (ほんけ だいいちあさひ)
住所 京都府京都市下京区東塩小路向畑町845
時間 5:00~翌2:00
休日 木曜日
公式ホームページ http://www.honke-daiichiasahi.com/

IMG_2886