箱根の龍宮殿本館が新たな日帰り温泉施設にリニューアル! 「絶景日帰り温泉龍宮殿本館」

神奈川県・箱根町で愛されてきた、国の登録有形文化財(文部科学省告示第八十九号)にも登録されている芦ノ湖畔蛸川温泉 龍宮殿の本館がリニューアルされ、2017年7月22日(土)に「絶景日帰り温泉 龍宮殿本館」として生まれ変わりました。


オープン前日には、箱根町長 山口昇士氏、株式会社西武ホールディングス 代表取締役社長 後藤高志氏、株式会社プリンスホテル 代表取締役社長 赤坂茂好氏、プロフィギュアスケーター 荒川静香氏によるテープカットが行われました。


1938年に静岡県浜名湖に建てられた「浜名湖ホテル」が1957年7月1日に浜名湖畔から箱根芦ノ湖畔への移築が決まり、箱根プリンスホテル和風別館「龍宮殿」として世界各国の著名人に日本の伝統的な建築が味わうことができる施設として愛されてきました。


今回生まれ変わった日帰り温泉施設として、2012年より休止していた本館をリニューアルし、既存の大浴場を男性専用の浴室として改修。



2つあった内湯のうち一つは露天風呂になり、新たにフィンランドサウナと大きな壺の水風呂も設置されました。



女性用の浴室には、浴室全体が芦ノ湖に突き出るような建物を増床し、目の前の芦ノ湖につかっているような感覚を楽しめるインフィニティな構造となっています。天気の良い日は富士山を望むこともできます。


さらに、ミストサウナやレインシャワー、女性専用の湯休処、エステやマッサージが受けられるマッサージルームもあります。


絶景と共に楽しめる温泉は、敷地内の自家源泉「蛸川温泉」の湯が使用されています。箱根十七湯の中でも一番新しく、駒ヶ岳山麓から噴出した幻の湯です。


温泉を楽しんだ後に食事を堪能できるお食事処も併設されています。座敷の畳を残しつつ、利便性の高いデーブル席となっています。


鎌倉時代に北条氏の姫君が朝夕の化粧水として使用したといわれている箱根大平台の湧水「箱根姫の水」を使用した「箱根姫の水たま肌木綿湯豆腐御前」など、調理長が厳選した豊富な和食メニューが楽しめます。


館内には、女性専用、男性専用、男女共用の3つの湯休処が用意されているほか、日帰りでもプライベート感のある空間でよりゆったりと過ごせるよう貸し切り個室も4室設けられています。


さらに、龍宮殿別館客室に宿泊されている方は宿泊者専用のラウンジで寛ぐことも出来ます。

国内外から温泉地として人気の箱根の地に、温泉と景色の魅力が最大限に活かされた日帰り温泉施設となってリニューアルオープンした「絶景日帰り温泉 龍宮殿本館」で、絶景と温泉を楽しんでみませんか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア
施設名:絶景日帰り温泉 龍宮殿本館
住所:〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139

ホームページ:http://www.princehotels.co.jp/ryuguden/honkan/