デンマーク・コペンハーゲン名物、現役の王宮・アメリエンボー宮殿で衛兵交替式を見よう

デンマークの首都・コペンハーゲンで観光客にもっとも人気を集めているイベントが、アメリエンボー宮殿の衛兵交代式。

アメリエンボー宮殿は、現在もマグレーテ女王をはじめ、デンマーク王室のメンバーが暮らす現役の王宮で、8角形の広場を囲むようにして、4棟の宮殿が向かい合って建っています。

宮殿の屋根にデンマーク国旗がはためいていたら、それは女王在宮のしるし。

アメリエンボー宮殿の敷地に門や塀などはなく、広場へは誰でも自由に出入りすることができます。「開かれた王室」として国民に親しまれているデンマーク王室の姿勢を象徴しているといえるでしょう。

もともと、この宮殿は王宮として建てられたものではなく、1700年代に貴族のマンションとして建てられたものでした。ところが、1794年に当時の王宮・クリスチャンスボー宮殿が火災で焼失してしまったために、王室がこのアメリエンボー宮殿を購入し、新たな王宮となったのです。

そんな経緯もあって、この宮殿は、一見議会や省庁の建物かと思ってしまうような、王宮にしてはやや簡素なたたずまいをしています。

アメリエンボー宮殿で必見なのが、毎日正午に行われる伝統的な衛兵の交替式。

クマの毛皮の黒いモフモフの帽子をかぶって青いズボンをはいた衛兵は、デンマーク土産としてマスコットにもなるほど象徴的な存在。物語の世界を思わせる衛兵の姿を見れば、「デンマークに来た!コペンハーゲンに来たんだ!」ということがよりいっそう実感できます。

交替する衛兵たちは、アメリエンボー宮殿から1.4キロほど離れたローゼンボー離宮から、歩いてやってきます。12時前になると、アメリエンボー宮殿の周辺に彼らの姿が。

警察官に護衛されながら、行進する衛兵たち。それを驚きの表情でしばし見つめた後、思い出したように写真を撮り始める観光客・・・「これから交替式が始まるぞ!」という雰囲気に、周囲は不思議な熱気に包まれます。

アメリエンボー宮殿の広場で衛兵たちの到着を待つのもいいですが、行進する衛兵たちと一緒に歩いてみるのも楽しいものです。

宮殿の広場では、交替式をひと目見ようと集まった多くの観光客が待ち構えています。

交替する衛兵たちがアメリエンボー宮殿に到着すると、アメリエンボー宮殿で任務にあたっていた衛兵たちと向かい合い、全体でのセレモニーが行われます。

衛兵たちの醸し出すぴりりとした雰囲気に、その場の空気もぴんと張ったようになり、広場全体が心地よい緊張感に包まれます。

全体セレモニーが終わったら、各持ち場に散らばってそれぞれの場所で、さらに交替の儀式が行われます。女王が在宮の場合は、音楽隊も登場しさらに華やかな交替式になるので、ますます見逃せません。

アメリエンボー宮殿の一部、クリスチャン8世宮殿は、博物館として一般に公開されており、1863~1972年にかけての王族の居室や、当時使われていた品々などを見ることができます。ぜひ衛兵交替式とあわせて訪れてみてください。

現役の王宮、アメリエンボー宮殿は、まさに「王国・デンマーク」を実感できる絶好のスポットといえるでしょう。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア