【日本の駅弁】群馬県民のソウルフード!「登利平(とりへい)」の鳥めし弁当

日本人にとって、旅の醍醐味の1つといえばお弁当。

海外にはあまり駅弁という考え方が無いため、海外の人々も日本にくるとそのお弁当の種類の多さに驚くほど。

例えば、米どころ新潟が誇る絶品の駅弁「えび千両ちらし」、そしてお弁当としても、おつまみとしても美味しく味わえる「国技館やきとり」、そして名古屋のひつまぶし巻き、そしてサバサンドなど、さまざまな駅弁がある。

そんな美味しい駅弁の中から、今回ご紹介したいのが、群馬県の主要な駅で販売されている絶品のお弁当、「登利平(とりへい)」の鳥めし弁当だ。

・群馬県が誇るお店「登利平(とりへい)」とは?
こちらのお店、北関東を代表するといっても過言ではないほど有名な、群馬を代表する鶏肉料理の専門店。

チェーン展開しているエリアでは群馬県内に28店舗、埼玉県内に3店舗、栃木県に1店舗と、合計32店舗ものお店を展開している。

北関東の小学生や中高生であれば、家に帰って「登利平(とりへい)」のお弁当が待っている、と思うだけで、心の底から楽しくなってしまうほどのソウルフード、それが「登利平(とりへい)」なのだ。

・暖かい出来立てのお弁当
販売店で売られているお弁当は、どれもほんのり暖かいお弁当となっている。

弁当には松と竹があり、松にはジューシーな分厚いモモ肉とサッパリした薄切りのムネ肉が、竹には薄切りのムネ肉のみが使われている。

できれば松をオーダーして、ジューシーなモモ肉とサッパリとしたムネ肉の違いを味わってみてもらいたい。

こちらのお弁当、もちろん出来立ても美味しいのだが、もちろん冷めるとより味のノリがよくなり、美味しい鳥めしを堪能できる。




様々な場所に様々な歴史があり、その歴史を紡いできた人々のそばには、その人々が時代を超えて愛してきた味わいがある。

駅弁を通じてそんな味わいに出会うための旅をしてみてはいかがだろうか?

きっとそこにはその場所ならではの深い歴史とその場所だからこその味わいがあり、その味わいは旅人を優しく包み込んでくれるに違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 登利平(とりへい)
本店所在地 群馬県前橋市六供町1-18-6
公式HP http://www.torihei.co.jp/