【11月16日オープン】本格ドイツ製法のクラフト ドイツビールとドイツ料理が楽しめる「シュマッツビアダイニング吉祥寺」オープニング特典も!

本格ドイツ製法にこだわったクラフト ドイツビールをタップで愉しめるカジュアルビアダイニング「シュマッツ(SCHMATZ)」は、表参道、赤坂、神田に続く4店舗目となる「シュマッツビアダイニング吉祥寺」を2017年11月16日(木)にオープンします。


吉祥寺店でしか味わうことのできない「キチジョウジピルスナー」をはじめとする8種類のオリジナルビールのほか、本場ドイツの味を日本人好みにローカライズしたシュマッツ自慢のドイツ料理が楽しめる「シュマッツビアダイニング吉祥寺」。


「シュマッツビアダイニング吉祥寺」に訪れたら、まずは味わいたい吉祥寺限定の「キチジョウジピルスナー」は、ドイツ原産の大麦モルトとこだわりのホップ『ハラタウブラン』を使用し白ワインのように爽やかでフルーティな、とても口当たりのよい味わいです。


「キチジョウジピルスナー」を創りだすにあたり、創業者のクリストファー・アックス氏とマーク・リュッテン氏は、「自然豊かな井の頭公園で、どんなドイツビールを飲んだら吉祥寺の人たちは幸福感に満ち溢れてくれるのだろうか」という想いをめぐらせ、この街の自然と人々の調和をイメージし開発されたそうです。


「キチジョウジピルスナー」をはじめ、いろいろなビールが楽しめる「シュマッツビアダイニング吉祥寺」ですが、どれを飲んだらいいのか分からない、少しづついろいろな種類を飲んでみたい!という方にオススメなのが、「BEER TASTING」です。


シュマッツビギナーの方にオススメの3種類と、ドイツ感を楽しみたい方にオススメの3種類が、飲みやすいサイズでそれぞれセットになっており、飲み比べが楽しめます。

「シュマッツビアダイニング吉祥寺」では、ファミリーや女性にも気軽に足を運んでいただけるよう、シュマッツ自慢のドイツビールだけでなく、ランチ・ティータイム・ディナータイムの各シーンで楽しむことのできるフードメニューが揃います。


ランチタイムにはボリュームたっぷりのチキンカツレツ入り「ジャーマンチキンバーガー」、ベルリン名物「カリーブルスト(ドイツソーセージ)」がトッピングされた「ソーセージ カリーランチ」、鶏のむね肉をカラっと揚げたジャーマンスタイルのチキンカツレツなどが楽しめます。


ディナーには吉祥寺限定メニューの「とろっとチーズのジャンボソーセージボール」をはじめ、日本人もドイツ人も大好きな「鶏の唐揚げ」をシュマッツ風にアレンジしたドイツ風チキン南蛮「ジャーマン タルタル唐揚げ」、木槌で生ハムとサラミの下に隠れているクラッカー状のトルティアを砕き、ピクルスや自家製ザワークラウトと共に愉しむ「ドイツ風 シャルキュトリボード ドイツ風 シャルキュトリボード」、シュマッツ・オリジナル・レシピの特製ドイツソーセージなど、ビールと共に楽しめるメニューが揃います。


さらにティータイムでは、ドイツスタイルのパンケーキ「カイザーシュマーレン」やジャーマンスイーツの定番「アップルシュトルーデル」などが楽しめます。


「シュマッツビアダイニング吉祥寺」では、グランドオープンとなる11月16日(木)から吉祥寺店限定でオリジナル・トートバッグ(2種類、各種限定50個のみ)が店舗にて販売されます。

オリジナル・トートバッグの販売は無くなり次第終了となります。価格は各2,500円(税別)です。


さらに、シュマッツビアダイニング吉祥寺では、11月16日(木)~19日(日)の期間、『シュマッツで乾杯!』の合言葉で毎日先着30名様にピンバッチが付いたオリジナルエコバッグがプレゼントされます。

オリジナルエコバッグの中には、シュマッツ吉祥寺でしか飲めないキチジョウジピルスナーのオープン記念ボトルと、ミニビアグラスが入っています。

オープン記念の4日間だけの特別企画なので、是非この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 シュマッツビアダイニング吉祥寺(SCHAMTZ KICHIJOJI)
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-2ルルビルB1F
営業時間 11:30-23:00
  (ランチ 11:30-15:00、ティータイム 15:00-17:00、ディナー 17:00-23:00 )
  ※ラストオーダー:ランチ、ディナー 30分前 / ティータイム 17:00
定休日 年末年始のみ
喫煙 不可

オフィシャルサイト:http://www.schmatz.jp/