【世界のお城】ドイツ・フランクフルトからのエクスカージョンにおすすめ!郊外にひっそりと佇む中世の城、クロンベルク城

近代的な金融都市フランクフルト。

ヨーロッパ各地へ向かう列車のターミナル駅や、日本からの直行便も発着する空港がある事から、私達にとってはヨーロッパへの玄関口でもあります。

そんなフランクフルトから少し郊外へ行ったところにあるのが、今回ご紹介するクロンベルク城です。高級住宅街としても知られる落ち着いた町の中に、中世の城がひっそりと構えています。

この城が建てられたのは12世紀後半のこと。当時ローマ王の居城があったフランクフルトや、周辺地域を守るための城として建設されました。今日私達が目にしているのは、12世紀から16世紀にかけて造られたもののほか、2000年にも大きな修復が加えられています。

城の敷地に入ると、緑あふれる庭の中に城壁や塔が見られ、いかにも中世の騎士が現れそうな雰囲気が漂っています。

美しく整えられた庭のあちこちには美しい花々が咲いています。筆者がクロンベルク城を訪れたのは春でしたが、夏にはバラが咲き乱れるのだとか。中世の庭に咲くバラ、美しいわけがありませんよね。

庭を一通り散策した後は、塔の上へ上ってみましょう。

44メートルの塔からは、天気が良ければ遠くにフランクフルトのスカイラインを望む事も可能です。フランクフルトから少ししか離れていませんが、ここには大都会とは全く異なる長閑な空気が流れています。

目線を下へ移すと、そこに広がるのはオレンジ色の屋根が並ぶクロンベルクの街並み。中世を題材にした物語のモデルになってもおかしくない程の、完成された街並みです。

城の裏側はちょっとした林になっており、こちらも散策する事ができます。太陽の光を受けた木の葉が美しいですね。

敷地内は自由に散策できますが、城についてもっと詳しく知りたい方はガイドツアーに参加してみましょう。平日は14時、週末は12時から1時間ごとに開催されるガイドツアーでは、城内の部屋なども見学する事ができます。他にもテーマごとのツアーが不定期で開催されています。

城を見学した後は、ぜひクロンベルクの町も散策してみてください。木組みの家が並ぶ旧市街の所々には、影絵の施された面白い街灯も設置されています。

クロンベルクへはフランクフルトから電車で約30分と、日帰り旅行にも最適。電車の本数も多いので、思い立った時に気軽に来れてしまいます。フランクルトを訪れる予定のある方は、ちょっと頭の隅に入れておけば便利かもしれません。

長い歴史を称える中世の古城は、今日もひっそりと誰かが訪れるのを待っていますよ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

クロンベルク城
【営業時間】水~土の13:00~17:00、日・祝11:00~18:00(いずれもイースター2週間前から10月末、12月第2週の週末からクリスマスマルクトまで)
【住所】Schlossstraße 10-12, 61476 Kronberg im Taunus
【電話】06173 7788