あの映画で有名なくまのパディントンに会いに、イギリス・ロンドンのパディントン駅に行こう!

1958年に発行されたイギリスの作家「マイケル・ボンド(Michael Bond)」による児童文学作品「くまのパディントン(A Bear Called Paddington Bear)」。

これまでイギリスで人形劇などのテレビ・シリーズになってきましたが、2014年に実写映画「パディントン(Paddington)」が公開されると、パディントンの可愛らしさとハートウォーミングなストーリーに世界中がパディントンの虜(とりこ)に。

2017年のクリスマス・シーズンに本国イギリスで公開された待望の「パディントン2」は、前作にも増して魅力的な新キャラクターが加わり、大ヒットになりました。

そして、日本でも公開された映画「パディントン2」をご存知の方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな世界中で愛されるクマのパディントンのゆかりとなった、イギリス・ロンドンのパディントン駅とその周辺をご紹介しましょう。

物語のパディントンという名前は、実はイギリスの実在する駅の名前。

ロンドン西部のヒースロー国際空港からの高速直通列車が到着し、主にイギリス西部への長距離列車が発着するターミナル駅であり、世界初の地下鉄である旧メトロポリタン鉄道の西端の駅でもあります。

現在のパディントン駅がこの地にオープンしたのはヴィクトリア朝の1854年。鉄骨のアーチが美しく、天窓から差し込む陽が明るく開放的な雰囲気です。

華麗なデザインが好まれたヴィクトリア朝らしく、梁の1本1本までに優雅な装飾が施されています。

映画の中ではロンドンにたどり着いたくまのパディントンが「Please Look After This Bear.Thank You.」と書かれたタグをぶら下げ、途方にくれていたのがこの大時計が目印の1番線ホーム。

この1番線ホームは、駅の端と端を移動するための通路の役割もあり、改札がないので切符がなくても入場する事ができます。

そして大時計の真下に「実物大」のパディントン像があります。

実写映画でお馴染みになったパディントンとはかなり雰囲気が異なるのですが、こちらは、オリジナル絵本の挿絵を手がけた「ペギー・フォートナム(Peggy Fortnum)」が描いたパディントン。

銅像のすぐそばには、開いた絵本のような形をしたベンチが設置され、パディントンの隣に座って記念撮影できるようにデザインされています。

パディントンが好きでここまでパディントンに会いにきたのなら、ガラス張りのエキナカ・ショップ「ザ・ロウン(The Lawn)」へ行くことをオススメします。

こちらのお店は、以前からあったパディントン・グッズ専門店が、さらに立派な店構えになって2017年ザ・ロウンに再オープンしたました。

キュートなパディントン・グッズが所狭しと並び、どれも欲しくなってしまいます。

さて、くまのパディトン巡りだけでも楽しいパディントン駅ですが、実はこちらの駅には周辺にも見所が存在します。

駅の東側に隣接する1845年設立の「セント・メアリー病院(St. Mary’s Hospital)」は、伝統的な建物と近代的な建物が迷路のように混在する歴史ある病院です。

そして、近年その名を世界中に知らしめている出来事が、ロイヤル・ファミリーのご出産に関する出来事。

自身もこちらの病院でご誕生されたウィリアム王子とキャサリン妃の第1子であるジョージ王子、第2子シャーロット王女もこちらの「リンド病棟(Lindo Wing)」でご誕生されており、新生児を抱いて病棟玄関から出てくるご一家の幸せそうな様子が世界中に放映されました。

こちらの病院には、著名人がかつて住んだ家や歴史的な出来事があった場所に設置される銘板「ブルー・プラーク(Blue Plaque)」があります。

それが、イギリスの医師、「アレクサンダー・フレミング(Alexander Fleming)」のブルー・プラーク。

1928年にアレクサンダー・フレミングがこの病院で発見したのが、世界初の抗生物質「ペニシリン」。世紀の大発見と言われた偉業はこの場所で産まれたのでした。

このように観光名所ではない場所や建物も、歴史的な出来事の舞台であったりする、古い建物が多く残るイギリスならではの街歩きの楽しさです。

パディントン駅とセント・メアリーズ病院の裏手には運河が流れています。運河沿いは散歩道になっているので、晴れた日には運河を散策するのもオススメです。

居住用、カフェ、レンタル・スペースなどの「ナロー・ボート(Narrowboart)」と呼ばれる運河用の細長いボートが停泊しています。歩道にはレストラン、付近にはランチ・マーケットも出るので、晴れた日には運河沿いのベンチで食べるのもお勧め。

そしてこのナロー・ボート、実は操縦に免許が不要。

宿泊可能なボートのレンタル会社もあり、簡単な講習を受ければ、自分で操縦しながら宿泊しながらの運河の旅も楽しめます。

10分ほど歩くと、パディントン2の劇中にも登場する「リトル・ベニス(Little Venice)」があります。

ここはロンドン西部を流れる「グランド・ユニオン・カナル(Grand Union Canal)」と、中心部を流れる「リージェンツ・カナル(Regent’s Canal)」の合流地点で、三角形の池に水鳥が集まるオアシスのような雰囲気に溢れています。

この場所では毎年5月、池の周囲に花々が咲き乱れる頃、「カナルウェイ・カヴァルケード(Canalway Cavalcade」というフェスティバルが開催されます(2018年は5月5~7日)。

このフェスティバルでは様々なナロー・ボートが一同に会し、いつもは静かなリトル・ベニスが華やかな雰囲気に包まれます。

周辺の運河沿いには食べ物や雑貨屋などのストールがズラリと立ち並び、ライブ音楽、子供向けのアクティビティや大道芸も催され、毎年多くの人で賑わいます。

リトル・ベニスからのお勧めの散歩ルートは、ロンドン動物園などがある「リージェンツ・パーク(Regent’s Park)」へと続く運河沿いの散歩道です。

リトル・ベニスから活気あるマーケットと若者の街「カムデン・ロック(Camden Lock)」間を運行するナロー・ボートの「リージェンツ・カナル・ウォーターバス(Regents Canal Waterbus)」に乗るのもお勧め。チケットは船上で購入可能(※現金不可、支払いはカードのみ)。

ロンドンのランドマークが多く登場するパディントンの映画を見た後は、今度は実際にイギリスを旅して、本当にパディントンがひょっこりと姿を現しそうなパディントン駅とその周辺を散策してみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア