吞ん兵衛の聖地・立石で味わう美味しい日本酒とSPF豚 / 東京都葛飾区立石の「温故知新」

様々な地域に様々な銘店といわれる居酒屋はあれど、最高のお店は人それぞれ違う。

どんな居酒屋にもそのお店に通う人々の思いが重なり、そしてそのたくさんの思いは居酒屋の持つ雰囲気となるのだ。

それゆえ、日本各地に多く人々を虜にする居酒屋がキラ星のごとく存在している。

例えば、あの吉田類も絶賛する大衆酒場、東京・江東区南砂町の「山城屋酒場」に、沖縄・石垣島で旬の魚介と沖縄料理を味あわせてくれる名店「居酒屋 錦(にしき)」新潟の郷土料理からラーメンや洋食まで味わえる新潟市・古町の老舗居酒屋「喜ぐち(きぐち)」北海道は小樽の絶品のおでんと日本酒を楽しめるお店「酒処 ふじりん」に、北海道随一の日本酒の品揃えと美味しいツマミのお店札幌市北区「味百仙(あじひゃくせん)」、さらには名古屋にいったら絶対に行っておきたい居酒屋「歓酒亭 大安(かんしゅてい だいやす)」などなど、数え上げればキリがない。

そんな全国各地にある美味しい居酒屋が集まっている場所は聖地とも呼ばれるのだが、中でも非常に有名な聖地の1つが京成立石だ。

例えば、本当にうまい生ホッピーをあじわえる居酒屋「秀(ひで)」本当の元祖フライドチキンを食べさせてくれる「鳥房(とりふさ)」に、最高の焼き肉を味わえるお店「牛坊(ぎゅうぼう)」、さらには手軽においしいたこ焼きを味わえる「大ちゃん」など、この街を訪れれば、格安で美味しい味わいに出会う事ができるのだ。

そんな聖地に、ある意味立石らしくない、美味しい日本酒とSPF豚のツマミを楽しめるある事をご存知だろうか?

それが今回紹介するお店「温故知新」だ。

・美味しい日本酒が揃うお店、それが「温故知新」
こちらのお店、立石には珍しく、たくさんのドリンクメニューが揃っている。

焼酎に日本酒、サワーにホッピーなど、自分好みのドリンクをたくさんのメニューの中から選べるのがオススメのポイント。


さらには、美味しいオススメの日本酒もあり、なかなか他のお店では味わえない日本酒を楽しめるのもうれしいポイントだ。

・美味しいメニューが揃うお店、それが「温故知新」
また、ドリンクメニューだけではない。

もちろんそのたくさんのドリンクメニューに負けない美味しいメニューが揃っている。

中でもオススメなのがSPF豚を使ったメニュー。

こちらでは、ゆでタンに、豚カツ、バラの岩塩焼きなど、美味しいSPF豚を多彩なメニューで楽しめる。

なかでもオススメはやはり豚カツだ。

注文を受けてから揚げられる揚げたてアツアツのトンカツは、美味しいソースをまとっている。

しかもそのトンカツは通常のトンカツではなく美味しいSPF豚をつかったトンカツ。

噛み締めるほどに広がるジューシーな豚の脂のウマミは、最高の居酒屋タイムを味あわせてくれる。

生レモンサワーなどのスッキリとしたドリンクと味わえば、まさに天国、と言っても過言ではない。

・他にも美味しいメニューが揃うお店、それが「温故知新」
言うまでもなく、他にも美味しいメニューが揃っている。
IMG_6508

例えば、豚のナンコツを柔らかく煮た豚バラナンコツ煮は、トロトロの食感と味わいがたまらない逸品。

トロレバーは厳選された鶏の美味しいレバーをシンプルに塩・コショウだけで焼いた逸品だが、こちらはその名のとおり、とろけるようなレバーを堪能する事が出来る。

他にも、カラっと揚げられた鶏皮をつかった鶏皮ポン酢に、

スパイシーな味わいがたまらない手羽先の唐揚げなどなど、美味しいお酒にあう、美味しいツマミが揃っている。

古き良き下町の香り残る、立石。

実はこの吞ん兵衛の聖地・立石、もしかしたら、再開発によって大きくその形が変わってしまう可能性がある事をご存知だろうか。

もしかしたら、現在の立石の雰囲気を味わえるのは、今だけ、そんな状況になってしまうかもしれない。

そんな場所で、美味しい日本酒とSPF豚をつかったメニューが楽しめる居酒屋を訪れてみてはいかがだろうか?

きっと、これまでよりももっと、立石の懐の深さに驚いてしまうに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 温故知新(おんこちしん)
住所 東京都葛飾区立石7-2-4
営業時間 平日 16:00~23:30 / 土日祝 12:00~23:30
定休日 不定休



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 温故知新(おんこちしん)

住所 : 東京都葛飾区立石7-2-4