最高の旬の肴と日本酒を味わえる京都の大人の居酒屋「SAKE 壱(いち)」

どんな居酒屋にもそのお店に通う人々の思いが重なり、そしてそのたくさんの思いは居酒屋の持つ雰囲気となるのだ。

それゆえ、日本各地に多く人々を虜にする居酒屋がキラ星のごとく存在している。

例えば、あの吉田類も絶賛する大衆酒場、東京・江東区南砂町の「山城屋酒場」に、沖縄・石垣島で旬の魚介と沖縄料理を味あわせてくれる名店「居酒屋 錦(にしき)」新潟の郷土料理からラーメンや洋食まで味わえる新潟市・古町の老舗居酒屋「喜ぐち(きぐち)」北海道は小樽の絶品のおでんと日本酒を楽しめるお店「酒処 ふじりん」に、北海道随一の日本酒の品揃えと美味しいツマミのお店札幌市北区「味百仙(あじひゃくせん)」、食い倒れの町大阪では、魅惑の豚足を味わえる「かどや」に、鴨の焼き鳥が味わえる「とり平」、そしてあの開高健も愛したクジラのおでんが楽しめるたこ梅、さらには名古屋にいったら絶対に行っておきたい居酒屋「歓酒亭 大安(かんしゅてい だいやす)」などなど、数え上げればキリがない。

そんな美味しい居酒屋の中から、今回は、京都市中京区高瀬川筋にある「SAKE 壱(いち)」をご紹介したい。

・本物が揃う店、それが「SAKE 壱(いち)」
こちらのお店、日本全国の稀少な酒とそれに合う肴が供される、京都の居酒屋の中でも、最高のお店の1つといっても過言ではない。

アリとキリギリスが描かれた暖簾(のれん)を目印に、高瀬川を散策しながらお店に向かう、アプローチそのものも、京都の風情を感じる事が出来るお店だ。

ただし、人気店のため入店前には電話等で確認を必ず行ってから訪れたい。

・圧巻の日本酒の品揃え、それが「SAKE 壱(いち)」の流儀
こちらのお店、前述した通り、日本全国の稀少な酒が揃っているお店。

揃っていると言ってもハンパではなく、お店を入ってすぐ、右側の巨大な冷蔵庫には、日本酒が100種類以上が揃っている。

そしてそのラインナップたるや驚きだ。

もぎたてのフルーツのようなみずみずしさが楽しめる「十四代」は、さまざまな種類のお酒が揃っており、これだけでも日本酒ファンからすると驚きのラインナップ。

さらには、東北でもっとも入手しづらいお酒の1つ「新政」も素晴らしいラインナップが揃っている。

他にも米どころ新潟で全国的にも珍しい「一本〆」という酒米を使用して酒造りをしている「たかちよ」に

上品な香りと透明感を感じさせる切れ味抜群のお酒、佐賀県鹿島市の「鍋島」などなど、お酒の銘柄だけでなく、その銘柄そのものをしっかりと深堀りできる、まさに日本酒好きにはたまらないお店、それが「SAKE 壱(いち)」なのだ。

そんな豊富なラインナップから美味しいお酒を楽しめる、日本酒好きにとっては、まさに天国のようなお店、それが「SAKE 壱(いち)」なのだ。

・日本酒に合う絶品の肴が揃う店、それが「SAKE 壱(いち)」の流儀
日本酒の品揃えがピカイチの上に、こちらのお店は日本酒に合う絶品の肴がそろっているのだから、たまらない。

その季節ごとの旬を見極めた店主がしっかりとした仕事をした肴が提供されるこちらのお店は、その季節ごとの美味しさを、美味しい日本酒とともに味わえる、まさに日本の旬を楽しめるお店となっている。

たとえば、名物のおでんは、しっかりとおいしいダシを楽しむことができるし

おいしいクジラカツは、濃厚でパンチのあるクジラのうまみとおいしさが、カリカリの衣の中にしっかりと閉じ込められており、これまた日本酒との相性は抜群。

そしてサバをぬか漬けにしたヘシコの焼き物は、まさに日本酒泥棒といってもいいほどの、ウマミの塊となっており、最高の肴となっている。

そんな旬を楽しめるお店でゆっくりと大人の京都を味わう、まさに、日本酒好きにはたまらない世界がここにはあるのだ。

京都・高瀬川筋にある、まさに大人の居酒屋「SAKE 壱(いち)」。

もし京都で大人の嗜みと雰囲気を楽しみたいのであれば、こちらのお店を訪れてみてはいかがだろうか?

きっとその素晴らしい旬を味わえる時間は、よりいっそう、京都の旅を艶やかなものにしてくれるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 SAKE 壱(いち)
住所 京都府京都市中京区高瀬川筋四条上ル紙屋町373-1
営業時間  17:00~翌0:30
定休日 火曜日
公式facebook https://www.facebook.com/tachinomi.ichi/



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : SAKE 壱(いち)

住所 : 京都府京都市中京区高瀬川筋四条上ル紙屋町373-1