【日本麺紀行】知られざる絶品の札幌醤油ラーメンが味わえるお店 / 北海道札幌市東区の「王将」

日本人だけでなく世界でも認められているグルメの1つと言えばラーメン。

日本全国には数えきれないほどのラーメン店があり、もちろん知られざる名店がキラ星のごとく存在している。

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。

甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると言う長野県木曽町の「あすなろ」のチャーシューメンなどが挙げられる。

東海地方では、いまや全国区となった名古屋名物の「台湾ラーメン」を初め、一宮市民を魅了しつづける「ベトコンラーメン」に、知られざる岐阜県多治見市の「台南ラーメン」などが挙げられる。

もちろん北の大地・北海道にも、北海道ラーメンランキングで1位を独占し続ける味噌ラーメンのお店「彩未」や、あの北川景子さんを魅了したショウガラーメンの名店「信月」など、数え上げればきりがない。

首都圏でいえば、横浜市民が愛するソウルフード・サンマー麺の名店「玉泉亭」、に平塚市民が愛して止まない独自の平塚タンメン日本で初めてミシュランの星を獲得したラーメンなど、もはや挙げていくことが困難なほど、さまざまな名店がひしめき合っているのだ。

そんな日本中にある美味しいラーメンの中から、今回は北海道札幌市にある知られざる絶品の醤油ラーメンを味わえるお店をご紹介したい。

お店の名前は「王将」だ。

・1988年(昭和63年)創業の絶品ラーメン店、それが「王将」
こちらのお店、1988年(昭和63年)創業のロードサイドのラーメン店。

1988年(昭和63年)といえば、青函トンネルと瀬戸大橋が開通、東北新幹線と上越新幹線が開業するなど、日本のインフラが劇的に変わってしまった時代。

また日本人の生活においても、東京ドームが完成し、カラオケボックスが人気となり、ドラゴン・クエストIIIが社会現象になるなど、新しい娯楽が生まれていった時代。

そんな時代に脱サラした店主がはじめたラーメンは、今なお多くの常連さんに愛されているのだ。
2019-05-11 13.44.37
2019-05-11 13.44.57

・非常にアクセスしづらい場所にあるラーメン店、それが「王将」
こちらのお店、旅行者には非常にアクセスしずらい場所にある。

札幌市内から公共交通機関でアクセスするのは非常に難しく、近隣の住民以外は車でアクセスするしかない。

そのため、多くの地元の常連さんやトラックドライバー、タクシードライバーの方々が足しげく通う、観光客にはほとんど知られることのない、隠れ家のようなラーメン店となっているのだ。

実際に札幌市内から徒歩でアクセスしてみると、1時間半ほどかかる。

2019-05-11 12.44.22

2019-05-11 12.44.27

2019-05-11 13.44.48

・オススメしたい絶品ラーメン、それが「王将」のチャーシューメン
そんな常連さんたちに愛されているラーメン店には多くの美味しいメニューがあるのだが、中でもオススメしたいのが、チャーシューメンだ。
2019-05-11 13.31.38

驚くのはチャーシューメンの美しさだ。
IMG_9613
IMG_9614

ほのかに薄ピンク色に染まった豚ロースのチャーシューが丼からはみ出さんばかりにトッピングされたチャーシューメンは、まさに圧巻。

まずはラーメンのスープを味わってみてもらいたい。

じっくりと鶏ガラから抽出したダシをベースに、さらにそこに豚骨と荒削りの鰹節が贅沢に使われたスープを合わせているため、非常にウマミたっぷりのラーメンスープに仕上がっている。
IMG_9616

たっぷりとスープの味わいを楽しんだのなら、次は麺だ。

極上のウマミたっぷりのスープに、ツルツル・シコシコの麺がよく絡み、いくらでも味わっていられる、そう言い切れるほどウマいラーメンであることがわかる。
IMG_9618

そして、そこに絶品のチャーシューだ。

実はこのラーメンには、チャーシューとネギしか具が存在していない。そのためチャーシューのうまみだけに集中して味わえるというのも嬉しいポイントだ。

低温調理された美しいピンク色のチャーシューをウマミたっぷりのスープで泳がせれば、ゆっくりとチャーシューの温度があがっていく。

そんなチャーシューを味わってみれば、このチャーシューメンが唯一無二のラーメンであることを痛感するだろう。

チャーシューから溢れ出る豚のウマミとコク、そしてウマミたっぷりのスープによく絡む麺、まさに三位一体となった絶品のチャーシューメンがそこにはあるのだ。
IMG_9614
IMG_9619

札幌市内でもほとんど観光客が訪れることのないロードサイドにある、絶品のチャーシューメンを味わえるお店「王将」。

一般的には王将と聞くと中華料理のチェーン店を思い浮かべてしまうのだが、札幌ではその概念は全く当てはまらない。

もし機会があるのであればこのラーメンを味わうためだけに、札幌を訪れてみてもらいたい。

そこには、店主の強い気持ちに裏打ちされた、毎日でも味わえる最高のチャーシューメンが存在しているに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 王将ラーメン
住所 北海道札幌市東区東苗穂六条2-1
営業時間  11:30~24:00
定休日 水曜日

IMG_9620

IMG_9615

IMG_9617



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 王将ラーメン

住所 : 北海道札幌市東区東苗穂六条2-1