滋賀県長浜市の人気ラーメン店 「麺屋 號tetu (コテツ)」の濃厚鶏SOBA&魚介ダシの中華SOBA

琵琶湖の北東、湖北エリアに位置する滋賀県長浜市。
東海道新幹線・米原駅や、名神高速道路と北陸自動車道をつなぐ米原ジャンクションからもさほど離れておらず、愛知や岐阜、あるいは京都からも日帰りで気軽に遊びに行ける距離です。

その滋賀県長浜市においしいラーメン屋さんがあると聞き、食べに行ってきました。

それが、この「麺屋 號tetu」。「號tetu」と書いて「コテツ」と読みます。
2010年11月オープンのお店で、店長さんとその奥さんと思われる女性の二人が切り盛りされています。

平日にも関わらず入り口前には10人以上の行列ができていました。
名前を書くボードなどはなく、列を作って待ち、席が空いた順に店内へ呼ばれるシステムです。

入り口のガラス戸には「鶏白湯部門 GPグランプリ」の文字が輝き、期待が高まります。

基本のラーメンメニューは、
◎濃厚 鶏SOBA(塩・醤油) 780円
◎魚介ダシの中華SOBA(塩・醤油) 780円

その他、期間限定のラーメンがメニューに加わることもあるようです。

濃厚鶏SOBA(醤油)780円。

鶏白湯スープは宮崎産の鶏ガラとモミジ(鶏足)を4時間に込んだ後に一晩寝かし、さらに再調整で2~3時間煮込んだという手間ひまのかかった逸品。

濃厚鶏SOBA(塩)はこの塩味を効かせた鶏白湯スープ、濃厚鶏SOBA(醤油)は鶏白湯スープに牡蠣・アサリ・昆布を使用した醤油だれを加えたスープで、どちらも程よいとろみがあり、驚くほど濃厚な旨みが詰まっています。

「豚骨ではなく、鶏ダシなのにこんなに濃厚な旨みがでるの!?」と驚く人も少なくないはず。

トッピングは豚バラのチャーシューと鶏チャーシュー、葱、メンマ、一味唐辛子。

魚介ダシの中華SOBA(塩) 780円。

濃厚鶏SOBAが「こってり」なら、魚介ダシの中華SOBAは「あっさり」。トビウオなどの魚介からとったダシは、繊細で奥深く、あまりヘビーなラーメンは食べられない女性にもおすすめのあっさりラーメンです。

トッピングは豚バラのチャーシューと鶏チャーシュー、葉野菜、メンマ、柚子皮。

あっさりだけど複雑に絡み合ったダシの余韻がすばらしく、個人的にはこの魚介ダシの中華SOBA(塩) がいちばん気に入りました。

魚介ダシの中華SOBA(醤油) 780円。

魚介ダシの中華SOBA(塩) に醤油だれを加えたスープですが、せっかくの繊細な魚介ダシの味わいをなので、私は醤油より塩がおすすめ。

麺ややや太めのストレート麺。個人的にはもう少し細い麺が好みではありますが、「麺屋 號tetu (コテツ)」はラーメンの麺というよりも、とにかくスープが絶品なので、主張しすぎないこの麺が合っている気がします。

プラス250円(税込270円)で豚めしを付けてセットにしてもらうことができます。

ラーメンの後のシメには自家製パンナコッタ231円(税込250円)。

「ラーメン屋さんなのにパンナコッタ?」と思わないでもないのですが、これがかなり本格的で美味しい!
量も多すぎないので、ラーメンの後の口直しにぴったりです。

滋賀県長浜市 長浜ラーメンの人気店「麺屋 號tetu (コテツ)」は、JR長浜駅から徒歩3分ほど。
お車の場合はすぐ近くに1時間100円のコインパーキングがあり、「麺屋 號tetu (コテツ)」で飲食をすると、駐車券提示で100円をキャッシュバックしてもらえます。

行列必至ですが、ぜひ一度この絶品スープを味わってほしい「麺屋 號tetu (コテツ)」。
すぐ近くには街歩きが楽しい観光スポット「黒壁スクエア」もあるので、滋賀県長浜市へ行かれた際には立ち寄ってみては。

お店の名前
お店の住所 滋賀県長浜市南呉服町5-24
電話番号 0749-63-4340

定休日 月曜、第1・3火曜
営業時間
火曜~金曜 11:30~14:30、18:00~22:00
土曜・日曜 11:30~15:00、18:00~22:00

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 麺屋 號tetu (コテツ)

住所 : 滋賀県長浜市南呉服町5-24