【世界の空港ラウンジ】世界一広いバンコクスワンナプーム国際空港のタイ国際航空のロイヤルシルクラウンジ

タイ王国のナショナルフラッグキャリア、タイ国際航空。

そのハブ空港となるスワンナプーム国際空港には、タイ国際航空ロイヤルファーストクラス搭乗者専用の「ロイヤルファーストラウンジ」のほか、ビジネスクラス(ロイヤルシルククラス)搭乗者が利用できる「ロイヤルシルクラウンジ」が5つもあります。

なにしろ、スワンナプーム国際空港の旅客ターミナルビルの総床面積は563,000平方メートルと、世界一の広さ。

成田国際空港の約3倍の広さと言ったらイメージしやすいでしょうか。それだけ広いと、空港内に複数のラウンジが必要なのも当然と言えるのかもしれません。

今回紹介するのは、その5つのロイヤルシルクラウンジの中でも最も大きい、スワンナプーム空港ビル3階、コンコースDにあるロイヤルシルクラウンジ。面積は2,410平方メートルもあり、最大314人が利用できます。

とにかく広い! ゆったりとした座り心地のよいソファがほどよく距離を開けて配置されています。

充実した軽食やスナック、各種ドリンク。少なくなったら、すぐにスタッフが補充していました。

ほかに、お酒が飲めるロビーラウンジバーもあります。

熱々のワンタンスープもサーブされていました。

午前5時~午前2時まで営業しているので、早朝便、深夜便を利用する方にも便利。

タイの伝統美とアジアンモダンを融合した空間で、出発までゆったりとくつろぐことができます。

ほかに6台のコンピューターが設置されたWi-fiインターネットコーナー、遊具のあるキッズコーナー、セミプライベートルームもあるとのこと。

タイ国際航空ロイヤルシルクラウンジを利用できるのは、

・タイ国際航空ロイヤルシルククラスに搭乗する人
・スターアライアンス加盟航空会社運航便のビジネスクラスに搭乗する人
・スターアラアンス加盟航空会社運航便に搭乗するロイヤルオーキッドプラスゴールドメンバーの人
・スターアライアンス加盟航空会社運航便に搭乗するのスターアライアンスゴールドメンバーの人
・タイ国際航空運航の国際線に搭乗するのロイヤルオーキッドプラスプラチナ会員の人

となっています。

より詳しい利用条件は、タイ国際航空公式サイトのラウンジのご案内をご確認ください。

また、タイ国際航空ビジネスクラスに乗ると、空港のスパラウンジで無料マッサージを受けられるので、時間に余裕のある方はラウンジと合わせて体験してみては。

マッサージが受けられるロイヤルオーキッドスパは、今回紹介した空港内最大のロイヤルシルクラウンジ(3階、コンコースD)の斜め向かいにあります。

タイ国際航空のビジネスクラス(ロイヤルシルククラス)に搭乗する際は、ぜひ利用してみてくださいね。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

ラウンジ名:タイ国際航空ロイヤルシルクラウンジ
場所:スワンナプーム空港ビル3階、コンコースD
営業時間:05:00 am. ~ 02:00 am.