【誰にも教えたくない日本の隠れ家】狸小路にひっそりと佇む魅惑の居酒屋、札幌・ススキノの「魚菜 (ぎょさい)」

北海道札幌市。

この街には全国に知られるススキノとよばれる歓楽街があり、東京都新宿区の歌舞伎町、福岡県福岡市の中州と合わせて、日本三大歓楽街と呼ばれている。

北の巨大歓楽街であるススキノには、様々な絶品グルメが溢れており、多くの観光客の舌を楽しませている。

そんな巨大歓楽街ススキノにおいて、美味しい日本酒と北海道ならではの食材を使った絶品の居酒屋、つまり呑ませてくれるお店がある事をご存知だろうか?

今回はそんな、「呑ませてくれる店」として多くの吞ん兵衛が訪れるお店「魚菜(ぎょさい)」をご紹介したい。

・ススキノの狸小路にある名店
狸小路の歴史は古く、明治時代にまで遡る。

明治時代より、この狸小路周辺は、周囲を主要幹線道路と運河に囲まれ、さらに官公庁街とススキノ遊廓とに挟まれるという恵まれた立地から、飛躍的に発展した。

札幌の発展の歴史とともに成長した狸小路は、札幌を代表する商店街である。

そんな商店街のビルに鎮座しているのがこちらの名店なのだ。


・まさに日本酒天国
そんな歴史溢れる場所にあるお店「魚菜(ぎょさい)」には、美味しい日本酒が揃っている。

全国各地の地酒、焼酎が呑めることで、札幌の吞ん兵衛の隠れた人気スポットになっているのだ。

お酒のラインナップはお店を訪れて黒板にて確認してもらいたい。店主が厳選した全国各地の名酒がそこにはある。

・美味しすぎる北海道のツマミ
そんなお酒にあわせたいのが、なんといっても北海道の厳選された食材でつくられたツマミ。

もちろんそのどれもが美味しいことは言うまでもない。

しっかりと熟成されたウマミたっぷりの刺身はもちろんのこと、

北海道名物のホッキ貝やシャコも絶品だ。

また、ホタテは梅干しと一緒に供されるという、ひと手間も嬉しい。さっぱりとした梅干しの味わいに、ウマミたっぷりのホタテは芯がレアな状態で、甘みをたっぷりと感じる事ができる。

もちろん、北海道の本物のシシャモも妖艶なほどうまみたっぷりで、その味わいを楽しませてくれる。

そんな珠玉の逸品たちをツマミに、美味しい地酒で喉を潤す、まさに吞ん兵衛にはタマラないお店なのだ。

もし北海道に行くのであれば、札幌の歴史と深い関係のある狸小路を訪れてみてはいかがだろうか?

きっとそんな歴史溢れる場所には、まだ見ぬ「呑ませてくれる店」として多くの吞ん兵衛が訪れる名店があなたの来店を待っているに違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 魚菜 (ぎょさい)
住所 北海道札幌市中央区南三条西5 三条美松ビル4F
営業時間  17:00~23:30
定休日 日曜・祝日



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 魚菜 (ぎょさい)

住所 : 北海道札幌市中央区南三条西5 三条美松ビル4F