絶景も!世界遺産アルハンブラの夏の離宮、「ヘネラリフェ」はまるで楽園

スペイン南部、アンダルシア地方随一の観光地といえば、グラナダにある世界遺産・アルハンブラ宮殿。アンダルシアを旅行して、アルハンブラ宮殿を見ずに帰るという人はほとんどいないでしょう。

アルハンブラ宮殿は、イベリア半島最後のイスラム王朝であるナスル朝が残したイスラム芸術の最高傑作。グラナダの街を見下ろす丘の上に建つその姿は、神々しいほどの存在感を放っています。

アルハンブラ宮殿は、かつてこの地を支配したイスラム勢力の栄華を象徴すると同時に、キリスト教勢力に敗れた彼らの悲哀をも表しているのです。

アルハンブラ宮殿は、一つの建物を指すのではなく、広大な敷地に宮殿や城塞など多くの建造物が点在する、いわば「小さな街」です。アルハンブラ宮殿最大の見どころとして知られているのが、「千夜一夜物語」の世界を彷彿とさせるナスル宮殿。

しかし、ナスル宮殿のほかにも見逃せないスポットがあります。それが「ヘネラリフェ」。ヘネラリフェは、アルハンブラ城外、太陽の丘にある離宮で、13世紀末のモハメド2世の時代に、夏の別荘として建設されました。

かつて太陽の丘には、他にもいくつもの庭園がありましたが、一つだけ残されたのが、最も美しいヘネラリフェだったのだとか。

宮殿内のいたるところにシエラ・ネバダ山脈の雪解け水を利用した水路や噴水が配置されていることから、「水の宮殿」とも呼ばれます。

ヘネラリフェは、ナスル宮殿などから離れ、チノス坂をはさんだ向こう側にあります。ナスル宮殿からヘネラリフェまでは、徒歩で15分ほど見ておくといいでしょう。

ヘネラリフェへ向かう途中には、修道院を改装したパラドール(国営ホテル)があります。敷地内を見学したり、レストランを利用したりして、パラドールの優雅な世界に触れてみては。

ヘネラリフェの入口手前にある前庭からは、アルカサバなどのアルハンブラ宮殿の建物とグラナダの街並みが見渡せます。

ヘネラリフェの一番の見どころは、中央に位置する「アキセアの中庭」。イスラム・スペイン様式を代表する庭園で、迷宮をイメージしてつくられたといわれています。

アキセアの中庭に面した回廊は、1314~1325年のイスマイル2世の時代に建設されたもので、壁面に施された立体的なアラベスクの彫刻が見事。

バルコニーの向こうには、誇り高くそびえるアルハンブラの姿。あまりにも幻想的な光景に、現実感を失いそうになります。

乾燥し、荒涼としたグラナダの地に咲き乱れる花々とたっぷりの水…ヘネラリフェは、まさにアルハンブラのオアシスそのもの。

やってきた人々を自然の恵みと優しさで包みこんでくれる楽園のようです。

人工美と自然美が調和した「水の宮殿」ヘネラリフェには、繊細な手仕事の結晶であるナスル宮殿とはまた違った魅力があるのです。

自然への賛美を形にしたかのようなヘネラリフェにほっと心癒されたとき、知らなかったアルハンブラの魅力に触れられることでしょう。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア