【世界のケンタッキー】ミャンマーの旧首都ヤンゴンで味わうクリスピーな唐揚げカレー

世界には世界的にチェーン展開しているファーストフード店があり、それらのお店では日本ではお目にかかれないような、特徴的なご当地メニューが存在します。

例えば、ヨーロッパのマクドナルドで販売されているビッグマックより大きな「グランドビッグマック」パリのマクドナルドで販売されているマカロン台湾の吉野家では鯛の蒲焼き丼が販売されています。

そんなチェーン展開しているファーストフード店の1つと言えばケンタッキーフライドチキン。

今回はミャンマーの首都ヤンゴンで味わえるご当地メニューをご紹介しましょう。

・美しい黄金の寺院があるミャンマーのかつての首都ヤンゴン
現在はネピドーに移されましたが、2006年に遷都されるまで、ミャンマーの首都はヤンゴンでした。

ヤンゴンの中心には、黄金の寺院「シュエダゴン・パゴダ」が輝き、多くの観光客が訪れています。

また、ヤンゴンから北上すれば世界三大仏教遺跡の1つにも数えられるバガンがあるなど、多くの旅人を魅了する観光スポットがたくさんあります。

・ヤンゴンのケンタッキーフライドチキン
長らく軍事政権が続いたため、ミャンマーには外資系のファストフード店の進出が遅れていました。

進出しても経営が難しいという状況もある可能が……ということは、日本から出店したフレッシュネスバーガーが、1年もたたずに撤退していることからもわかります。

いまだマクドナルドも出店していないヤンゴンにも、とうとうケンタッキーフライドチキンがやってきました。

綺麗に清掃された店内では、多くの観光客に加えて、現地の方も美味しいフライドチキンを楽しんでいます。

・味わっておきたい「ライスボックス」
そんなミャンマー・ヤンゴンのケンタッキーでぜひ味わっておきたいメニューが「ライスボックス」です。

サックサクのフライドチキンに、東南アジア特有の長細いお米のライス、そしてカレーがかかっています。

東南アジアの鶏肉は地鶏である事が多いため、非常にジューシーで味わい深いのが特徴です。

ケンタッキーの美味しいスパイスに、ジューシーで味わい深い鶏肉、そしてサイコロ状のジャガイモが入ったカレールーとライスの相性は抜群。

そんな美味しい、唐揚げカレーが200円ちょっとで味わえるなんて、夢のようですね。

もし海外に行く事があれば、日本でも馴染みの深いチェーン店に入ってみてはいかがでしょうか?

もしかするとその国ならではの、ご当地メニューに出会えるかもしれませんよ!?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 ケンタッキー・フライドチキン
住所 375 Bogyoke Aung San Road, Yangon (Rangoon), Myanmar
お店のHP https://www.kfc.com/