これぞ台湾式ハンバーガー!台南の有名店「阿松割包(アーソンクワパオ)」で割包(クワパオ)を食べてみた


「台南市は台湾島で最も早くに開けた古都で、寺院や廟など史跡が数多く点在することから「台湾の京都」とも呼ばれ、台湾の古都として多くの人々から愛されています。

1949年に台北が首都となるまで、長い間台湾の中心地であった台南は、日本統治時代の建物も多く、「古き良き日本」と独自の台湾の歴史が融合した街並みは、多くの旅行者を魅了する場所でもあります。

そんな台南には、台湾グルメの発祥とも呼ばれる名店も数多く存在し、台湾のグルメを語る上で台南は絶対に欠かせない地域ともいえます。

今回は台南へ行ったら絶対に食べておきたい、と言われるほど台湾の人に愛されている台湾式ハンバーガー「阿松割包(アーソンクワパオ)」をご紹介します。

・肉まん?ハンバーガー?
こちらで食べることのできるのは、饅頭の生地にお肉を挟んだ「割包(クワパオ)」。この割包のルーツは中国の福建省の福州にある「福州割包」というスープ浸けて食べるものだったそうですが、台湾では饅頭の生地に豚肉や酸菜(白菜を漬けたもの)などをはさむスタイルに進化をとげたようです。いわゆる一般的なハンバーガーと違い、饅頭の生地を使うことで、生地そのものにほんのりとした甘さを感じる事ができ、さらに生地のモチモチとした食感が魅力の一品となっています。

・選べるお肉は3種類!
こちらでは、豚バラ肉、豚赤身肉、豚タンの3種類から選ぶことができます。豚バラは豚肉のウマミと脂を感じる事が出来る少しボリューム感のある味わいで、赤身は少しさっぱりした味わい、タンはその食感を楽しめる逸品に仕上がっており、どの食材にするか、その日の気分で決めることができるのも嬉しいポイントです。

・密かに人気を集めるスープ
割包を購入すると、スープが無料で付いてきます。豚肉の旨味が凝縮されていながらも、あっさりとした飲み口のスープで、割包との相性もバツグン。このシンプルながら奥深い味わいのスープは、密かにお客さんの間でも美味しいと話題になっているそうです。割包はテイクアウトすることもできますが、アツアツの絶品スープと一緒に食べることをオススメします。

ハンバーガーが生まれたのは、さかのぼること約100年前の1904年にアメリカで開催されたセントルイス万国博覧会の会場で、パンにハンバーグをはさんだものを“ハンバーガー”として販売したことが始まりと言われています。

一方の割包の起源はというと、なんと3世紀の三国時代にまで遡ります。言い伝えによると、関羽とともに劉備に仕え勇猛な将軍として有名な張飛が、肉饅頭を食べる際に刀で割って食べたことから、割包が生まれたと言われています。あくまで伝説ではありますが、ハンバーガーの先祖と言える食べ物、それが「割包(クワパオ)」なのです。

ぜひ台南に訪れた際は、台湾式ハンバーガーとも言うべき「割包(クワパオ)」を味わってみてください。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   阿松割包(アーソンクワパオ)
住所   台南市中西区國華街三段181號
営業時間 8:00〜18:00
定休日  木曜日










この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 阿松割包(アーソンクワパオ) ー 台湾

住所 : 台南市中西区國華街三段181號