【日本麺紀行】知られざる魅惑のスター系ラーメン / 山口県周南市「第三スター」


日本人だけでなく世界でも認められているグルメの1つと言えばラーメン。

日本全国には数えきれないほどのラーメン店があり、もちろん知られざる名店がキラ星のごとく存在している。

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県の岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。

甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると言う長野県木曽町の「あすなろ」のチャーシューメンなどが挙げられる。

東海地方では、いまや全国区となった名古屋名物の「台湾ラーメン」を初め、一宮市民を魅了しつづける「ベトコンラーメン」に、知られざる岐阜県多治見市の「台南ラーメン」などが挙げられる。

もちろん北の大地・北海道にも、北海道ラーメンランキングで1位を独占し続ける味噌ラーメンのお店「彩未」や、あの北川景子さんを魅了したショウガラーメンの名店「信月」など、数え上げればきりがない。

首都圏でいえば、横浜市民が愛するソウルフード・サンマー麺の名店「玉泉亭」、に平塚市民が愛して止まない独自の平塚タンメン日本で初めてミシュランの星を獲得したラーメンなど、もはや挙げていくことが困難なほど、さまざまな名店がひしめき合っているのだ。

そんな日本中にある美味しいラーメンの中から、今回は山口県周南市の徳山駅を中心としたエリアにこのラーメンあり、といわれるほど地元で有名なスター系ラーメンをご紹介したい。

実はスター系といわれるには理由がある。

徳山駅を中心としたエリアにはスター本店、第二スター、そして第三スターと、3店舗ほど醤油ラーメンを供するお店があるため、それらを総称してスター系ラーメンといつしか呼ばれるようになったのだ。

・富山ブラックならぬ徳山ブラック
このラーメンの特徴は醤油の「黒」。見た目の濃い色合いの印象とは異なり、スープは何の抵抗もなく、優しく喉を通っていく。と同時に口の中に醤油の優しい甘みや香りが広がっていく最高の味わいだ。鼻腔をくすぐる醤油の香ばしい香りも、このラーメンがこの地で愛されていることを実感できる。

・スープとの相性抜群の細麺
そんなスープのウマさを余すこと無く伝えてくれるのが、少し平打ちされたような細麺。醤油の甘みや香りと麺とを一緒にすすりこむと、素晴らしい香りの空気が鼻腔を抜けていく。心地よい麺の食感、そして麺とスープとが織りなす一体感は、これぞスター系ラーメンという味わいを感じさせてくれる。

・コクと甘みたっぷりのチャーシュー
そしてこのラーメンにアクセントを加えているのがコクと甘みたっぷりのチャーシューだ。柔らかく煮たチャーシューはどこまでも滑らかで、コクと甘みをたっぷりとたたえている。まさにこのラーメンの相棒とも言える味わいだ。

・セットで供されるのは、いなり寿司
特筆すべきなのはこの地で、セットとして供されるのは、いなり寿司であるということ。おおよそのラーメン店でセットと言えば、ライスもしくは餃子であろう。しかしながら、徳山ではいなり寿司なのだ。香ばしい醤油ラーメンといなり寿司、まさにこの地でしか味わえない、そんな旅情すら感じる味わいなのだ。

ご存知の方も多いだろうが、徳山は波穏やかで水深があるため、天然の良港として日本の戦前・戦後で様々な活躍をしてきた場所だ。

戦前には日本海軍燃料廠が置かれ、あの戦艦大和の本土最後の燃料補給地となり、戦後はその日本海軍燃料廠に由来する石油精製業を中心とした重化学工業で中国地方の拠点の1つとして栄え、現在でも多くの企業がこの地で様々な製品を製造している。

そんな場所にいつしか根付いた優しい醤油の味わいが広がるスター系ラーメンは、ふるき良き日本のノスタルジーを、現在まで伝えてくれているのかもしれない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 第三スター
住所 山口県周南市平和通2-25
営業時間  11:00~ 19:00
定休日 水曜日









この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 第三スター

住所 : 山口県周南市平和通2-25