宮殿がグルメスポットに変身、リスボンの「パラシオ・シアード」に注目!

ヨーロッパでも有数の美しい景観を誇る街として、毎年多くの観光客を迎え入れているポルトガルの首都リスボン。

リスボンきっての繁華街、シアード周辺には数多くの飲食店がひしめきあいます。なかでも注目の新しいグルメスポットが、「パラシオ・シアード(Palácio Chiado)」。

1781年に建てられたポンパル伯爵邸だった宮殿を改装したフードコート・レストランで、優雅な雰囲気の中で食事が楽しめるとあって、人気を集めています。

館内は2つのフロアに分かれており、1階にはミートバーやポルトガルの郷土料理のお店、2階には寿司バーやタパスバー、シャンパンバーなどがあります。1階は一人でも気軽に利用しやすいカジュアルな雰囲気、2階は豪華な内装を生かしたシックな雰囲気が特徴です。

入館時に黒いカードを受け取り、各レストランで注文したメニューをそのカードに記録してもらい、清算コーナーでまとめて支払うシステム。気になる店舗が複数あったら、館内のお店をいくつかハシゴしてみてもいいかもしれませんね。

まずは館内のインテリアを一通り見て回るといいでしょう。1階から2階へと続く階段は、色鮮やかなステンドグラスや天井画、壁画で彩られ、驚きの美しさ。

もと宮殿の豪華さを生かした2階のフロアはきらびやかな非日常の空間。ここで食事をしなくとも一見の価値があります。

1階は親しみやすさを残した内装で、気軽に利用しやすいカウンター形式の店舗が並びます。

シンプルながらも素材を生かしたポルトガル料理をはじめ、気取らずに食事が楽しめます。オープンキッチンなのでスタッフとの距離が近く、気さくなスタッフとの和気あいあいとしたやりとりに心が和みます。一人で行っても、仲間と一緒に行っても、きっと素敵な時間が過ごせるはずです。

宮殿を改装した豪華な空間で、手頃でおいしい食事が楽しめる「パラシオ・シアード」。美しい歴史遺産が生まれ変わった、リスボンで一度は行ってみたいユニークなグルメスポットです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア  

<お店の情報>
パラシオ・シアード(Palácio Chiado)
住所:R. Alecrim 70 1200-018 Lisbon
営業時間:日-水 12:00-0:00、木-土 12:00-翌2:00
公式サイト:http://palaciochiado.pt/en/