【日本で味わうタイ料理】コスパ抜群!大阪・空堀「タイ キッチン KARAHORI」で楽しむランチ

世界各国の旅行者を惹きつけて止まない国・タイ。

「タイが好き」という人の多くは、その理由の一つとして「食事がおいしいこと」を挙げます。

確かにタイの料理にはあまりハズレがありません。道端の屋台でも、おしゃれなレストランでも、どこでもおいしい食事にありつけます。

洗練されたタイ料理に、チャイナタウンで味わう美味しい中華も、タイの料理といってもいいかもしれません。

はたまたバンコクで一番美味しいフライドチキンや、バンコクの女子大生に人気のサラダ麺シェル石油が認めるほど美味しい「汁なしカニ麺」、さらにはタイの現在の国王が皇太子時代に通っていたレストランなど、たくさんのタイ料理が人々をひきつけて止みません。

そんなタイ料理ですが、日本でも味わう事ができます。

例えば、日本唯一のタイのスイーツ専門店「バーン・カノン・タイ」タイ政府が認めたタイ料理店「サイアム オーキッド」激安価格でマッサマンカレーを味わえるお店「ハレギンザ」など、日本にもたくさんのタイ料理店が存在します。

今回は、そんな美味しいタイ料理を日本で味わえるお店、大阪の地下鉄・松屋町駅近くにある「タイ キッチン KARAHORI」 をご紹介します。

近年、そのレトロな街並みが注目され、おしゃれなカフェやショップが続々とオープンしている空堀(からほり)エリア、空堀商店街の入口のそばにあります。

タイの三輪タクシー、トゥクトゥクが埋まっているかのような外観はインパクト大。

こじんまりとした店内は、カフェのようなモダンでスタイリッシュな空間です。

お昼どきになると、おしゃれな若い女性や、近くで働くビジネスマンたちが入れ代わり立ち代わりやってきて、客足が途切れることがありません。

「タイ キッチン KARAHORI」の人気の理由は、タイからやってきたシェフが作るおいしい料理と、コストパフォーマンスの高さ。ランチはメインディッシュにスープと揚げ春巻きが付いて、なんと750円。ディナータイムも、メニューの多くが1000円を切るというお手頃価格です。

今回はランチタイムにお邪魔しました。ランチはタイの屋台料理の定番、パッカパオ(ガパオ)、パッタイ、グリーンカレーなど6種類から選べます。注文したのは、タイの焼きそば、パッタイのランチ。

まずは前菜として、スープと春巻きが運ばれてきます。

スープはシンプルな味付けながら、ダシとコショウが効いていて、ピリリとした深い味わい。スイートチリソースがかかった揚げ春巻きは、甘さと辛さのバランスが取れた味が楽しめます。

そして、メインディッシュのパッタイが登場。パッタイとは、平たい米粉麺を炒め、甘辛いソースで味付けしたタイの屋台料理の代表格で、日本ではしばしば「タイ風焼きそば」などと呼ばれます。

クセのない日本人好みの味なので、エスニック料理独特の風味が苦手という方でも、これならおいしく食べられるはず。

パッタイを目にして驚いたのは、そのボリューム。タイの屋台料理は一皿の量が少ないので、タイの屋台で食べるパッタイの倍の量があるのではないでしょうか。

しかも、卵、タマネギ、ニラ、豚肉、もやしと、具だくさん。てっぺんには桜えびがたっぷりかかっています。これで750円はお得。甘辛いソースの匂いが食欲をそそります。

コシのあるモチッとしたアツアツの麺に甘辛いソースが絡み、一口食べると思わずうなってしまうおいしさ。しかも、それぞれの具の食感が楽しめるのに、それでいて固くない、絶妙な炒め加減は見事です。

唐辛子、ナンプラー、砂糖、酢、4種類の調味料が用意されて、それらを加えることでまた違った味わいが楽しめます。調味料を加えて自分好みの味にできるのも、本場さながら。

おすすめなのは酢。パッタイに酢とはちょっと意外かもしれませんが、酢を加えることで爽やかさとまろやかさが生まれるのです。

まずは何も加えずにそのままのおいしさを味わって、途中から酢などを加えて変化を楽しんではいかがでしょうか。

コストパフォーマンス抜群の「タイ キッチン KARAHORI」のランチ。大阪のレトロタウン・空堀に出現した「リトル・タイ」で、本格タイ料理を味わってみませんか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 タイ キッチン KARAHORI
住所 大阪市中央区松屋町4-4
電話 06-6764-5225
営業時間 ランチ11:30~14:30、ディナー18:00~21:30 ※月曜定休