上野PARCO_ya(パルコヤ)で大人な和風スイーツが愉しめる、くろぎの和風カフェ「廚(くりや)otona くろぎ」

11月4日(土)に、上野御徒町に新しくオープンした「PARCO_ya(パルコヤ)」には地元にゆかりのあるお店が新しい取り組みに挑戦し、ここでしか味わえない特別なメニューを揃える飲食店があります。


その一つである「廚 otona くろぎ」は、黒木純氏がオーナーシェフの日本料理店「くろぎ」から生まれた新しいコンセプトのカフェ&バーです。

日本料理店「くろぎ」は、東京で最も予約を取るのが困難といわれる店のひとつで、10年間湯島に店を構え、2011年、2012年には「ミシュランガイド東京」で星を獲得しています。


今年3月に芝大門に移転をした「くろぎ」ですが、礎を築いた上野に「くろぎ」を残したいという思いから、新業態となる和スタイルのカフェ&バーとしてオープンした「廚 otona くろぎ」の空間デザインを手掛けるのは、建築家の隈研吾氏。

ダイナミックで洗練されたデザインとシックで落ち着いた雰囲気の中で「くろぎ」の和スイーツを楽しむことができます。


素材のよさにこだわり、目の前で調理し、料理を完成させる「くろぎ」の流儀を受け継ぎ、作り立て、切り立て、練り立てを大事にした大人のためのスイーツが充実しています。

中でも「くろぎ」の思いや技術がギュっとつまった和風パフェ「黒蜜きなこパフェ」(1,700円)は、オススメメニューの一つです。


寒天、バニラやきなこのアイスクリーム、白玉、蕨もち、栗の甘露煮、カステラなど、たっぷりと重ねられ食べ応えがあります。

食感のアクセントにカリっとした麦や黒大豆が入っていたり、黒蜜のソフトクリームには隠し味に醬油が使用されているなど、随所にこだわりを感じられる和風パフェです。


素敵な木の器で出される「わらび餅」(2,400円)は、蓋を開ける瞬間ワクワクする楽しみも味わえます。


氷でキュっとしめられたわらび餅はモチモチ食感で、きな粉との相性もバツグンです。


餡バターと抹茶クリームチーズがサンドされたホットサンド「くろぎサンド 二個セット」(1,100円)は、朝食や小腹が空いた時にもオススメです。

和スイーツと一緒に楽しみたいコーヒーは、和菓子に合うコーヒーとして、「猿田彦珈琲」とのコラボにより完成されたオリジナルブレンドが味わえます。

さらに、「廚 otona くろぎ」ではカフェとしてだけでなく、深夜2時まで営業するバーも併設されており、日本で生産されたワインや日本酒、焼酎、ウイスキーといったアルコールも愉しむことができます。

なかなか予約の取れない「くろぎ」の味わいを気軽に楽しめる、和カフェ&バー「廚 otona くろぎ」で、こだわりの和風スイーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

店名:廚 otona くろぎ
所在地:東京都台東区上野3丁目24-6 PARCO_ya(パルコヤ) 1階
営業時間:7:00~翌2:00
定休日:原則無休 PARCO_yaに準ずる
ホームページ:http://www.wagashi-kurogi.co.jp/