【日本焼きそば紀行】これぞ岐阜県中津川市のソウルフード!中津川が誇る最高の焼きそば店「五十番」

鉄板で炒められた野菜や肉、そして焦げたソースの香り。思い浮かべるだけで口の中に唾液が溢れてしまうB級グルメの1つと言えば「焼きそば」。

ひとくちに「焼きそば」と言っても、日本各地でお店独自の味わいや工夫が加えられており、そのお店でしか味わえない、そんな焼きそばがキラボシのごとく存在しているのだ。

例えば、両面焼きやきそば30年、こだわり抜いた焼きそばを味わえるお店、東京都板橋区・高島平「アペタイト」に、飛騨高山で外国人にも大人気となっている焼きそばの名店「ちとせ」焼き餃子発祥のお店の直系である東京都港区赤坂の「珉珉(みんみん)」で味わう美味しい焼きそば神保町で味わう最高の焼きそば「みかさ」、さらには、2度もタモリ倶楽部で取り上げられている喫茶店で味わう焼きそばに、ノスタルジーな雰囲気で美味しい焼きそばを味わえる、新宿思い出横町「若月」など様々な名店が存在しているのだ。

今回はそんな全国に存在する焼きそばの名店の中から、岐阜県中津川市が誇る最高の焼きそば店をご紹介したい。

お店の名前は「五十番」だ。

・ニンニクと塩味がガツンと来る焼きそば、それが五十番の焼きそば
こちらのお店、ラーメンや焼き飯、タンメンなど様々なメニューが存在しているのだが、お客のほとんどがオーダーするのは、焼きそば。

そのままの焼きそばをオーダーしても良いのだが、もしこちらのお店を初めて訪れるというのであれば、美味しくて味の濃いチャーシューをトッピングした焼きそばをオーダーすることをオススメしたい。

まず、こちらの焼きそばの特徴は、具材がほぼモヤシと僅かなキャベツだけ、というところにある。

そしてこの焼きそばの一番の特徴がニンニクと塩コショウによって味付けされているということ。

パンチのある味わいに、短くて太い焼きそばのモチモチ麺、まさにこれぞ中津川が誇る五十番の味わいがそこにはある。

そんなパンチのある味わいに負けないのがトッピングのチャーシュー。

醤油味の濃厚なウマミをたっぷりと感じられるチャーシューは、モチモチでニンニクと胡椒の効いた焼きそばと良く合う。

まずは心のおもむくままに、こちらの焼きそばを楽しむことをオススメしたい。

・卓上の調味料を加えて楽しむ
美味しい焼きそばをそのまま楽しんだのなら、今度は卓上の調味料を加えて楽しむことをオススメしたい。

まずは、ラー油を試してもらいたいのだが、このお店のラー油はかなり辛いため、まずは味見をしてから試してほしい。

刺激的なラー油とニンニクのパンチのある味わいと香りは、こちらのお店の焼きそばをまた別な形で楽しめる最高の調味料である事に気がつくだろう。

ピリ辛の味わいに負けないニンニクと胡椒の味わいと香り、まさにやめられない・とまらない、ウマ辛い塩焼きそばを堪能できる。

もしそんなウマ辛い塩焼きそばをさらにサッパリ食べたい、という方には、卓上の酢を少し加える事をオススメしたい。

見た目には変わらないのだが、酢を加えると味としては激変となる。

モチモチとした焼きそばは、酢とラー油を加える事でスーラータンメンのような味わいへと変わっていく。

そんな味わいの変化も楽しみながら味わえる焼きそばは、岐阜県の中津川市民が足しげく訪れてオーダーするのもうなづける味わいなのだ。

・もし可能ならオーダーしたいカップスープ
実は焼きそばを頼むのであれば是非オーダーしておきたいサイドメニューがある。

それが、カップスープ。

生姜の効いた醤油味のスープはそれだけでも美味しいのだが、実はこのカップスープをつかって、焼きそばをつけそばにして味わうと、焼きそばの味わいを余す事無く堪能できるのだ。

こちらの焼きそばの麺は短いため、小さなカップスープでもしっかりとフィットする。

麺についている味わいが生姜の効いた醤油スープと相まって、よりサッパリと味わう事ができる。

また焼きそばにしっかりと効いたニンニク感は醤油スープによって幾分緩和され、徐々にスープそのものにニンニクの味わいが移っていく。

サッパリとした焼きそばを堪能しつつ、最後にカップスープが仕上がっていくという、スープを育てていくのも楽しいのだ。

様々な味わい方がある五十番の焼きそば。

中津川市民が愛して止まないこの焼きそばを味わうために、岐阜県中津川市を訪れる、そんな旅も良いのかもしれない。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 五十番(ごじゅうばん)
住所 岐阜県中津川市太田町2丁目2-10
営業時間  11:00~20:30
定休日 火曜日