ユニークな具材も揃うコッペパン専門店、神奈川県相模原市の「月刊アベチアキ」

異業種から転職し、神奈川・相模原と東京・町田市で人気のベーカリー「パン・パティ」で店長として活躍していたアベチアキ氏が、初めて独立し立ち上げるコッペパン専門店『月刊アベチアキ』が、2017年8月26日(土)にオープンしました。


女性オーナーならではの感性を活かした店舗は明るくスタイリッシュなデザイン。

また、ユニークな店名「月刊アベチアキ」は、月刊誌を楽しむように訪れる度に新発見がある地域密着型の店舗を目指すという想いと、オーナーのフルネームが組み合わされています。


いまやコッペパンブームで、いろいろなタイプのコッペパン専門店が出店していますが、『月刊アベチアキ』で提供するコッペパンの具材は「サングリア」「チョコミント」「グラノーラ」「ピリ辛タンタンメン」など、ユニークなものも揃います。


初回ラインナップは、デザート系の「スイーツコッペ」19種と惣菜系の「ディッシュコッペ」8種の全27種のサンドと、コッペパンを丸ごとシンプルに揚げる「あげぱん」2種。王道の定番ものや、他にはないものまで種類豊富に揃い、1個150円~390円という求めやすい価格設定となっています。


オーダーは食券方式となっているのですが、この方法も会計時にお金に触れることなく少人数で効率的に商品を提供できるよう工夫がされています。


オープン前に店内でコッペパンを焼き上げ、オーダー後に具材をはさみ、作り立てを提供してくれます。


フワフワのコッペパンにたっぷりの具材がはさまれ、とってもボリューム満点!

どれにしようか迷ってしまうほどの充実したラインナップですが、赤ワインをベースに手づくりジャムを挟む「サングリア」、自家製で焼き上げる「グラノーラ」、味も見た目も爽やかな「チョコミント」、ラーメンの麺にピリ辛に仕上げた自家製の肉味噌や野菜を盛り合わせた「ピリ辛タンタンメン」は、『月刊アベチアキ』でしか味わえないコッペパンです。

神奈川・相模原にお出かけの際は、ここでしか味わえないユニークなコッペパンを堪能してみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

店名:コッペパン専門店「月刊アベチアキ」
オープン日:2017年8月26日(土)
場所:神奈川県相模原市中央区千代田2‐11‐10
営業時間:10:00~16:00
定休日:火曜日
月刊アベチアキ 公式サイト: http://abechiaki.com/