怒り新党の「新三大こだわりがハンパない肉まん」で紹介された肉汁たっぷりの肉まんを食べよう!愛知県名古屋市中区大須の「包包亭 (ぱおぱおてい)」

日本のほぼ中央に位置する5大都市の一つである名古屋。

ここ名古屋には様々な名店があり、多くの出張族を虜にしているお店がたくさん存在している。

例えば、エビフライサンドが絶品のコンパルや、今や名古屋名物ともなった台湾ラーメン、に東京にも進出している台湾まぜそば、そして出張族の強い味方、新幹線ホームの「きしめん」に、美味しいウナギをリーズナブルな価格で味わえる「イチビキ」に、激安居酒屋「歓酒亭 大安(かんしゅてい だいやす)」、名古屋のサラリーマンに愛され続けてきた土手煮の名店「島正」に、名古屋で最も古い居酒屋「大甚」、そして名古屋駅からほどちかい串カツと土手煮が名物のセンベロ「のんき屋」などなど、数え上げればキリがない。

そんな美味しい名古屋メシの中から、今回は惜しまれつつ終了したテレビ番組「マツコ&有吉の怒り新党」の人気コーナーの1つ「新・3大〇〇調査会」で紹介された絶品の肉まんをご紹介したい。

それが、愛知県名古屋市中区大須の「包包亭 (ぱおぱおてい)」だ。

・店主こだわりの肉まん、それが包包亭の流儀
こちらの肉まんは、この店の主人が本場台湾の中華まんを食べ、カルチャーショックを受けたことから始まったとのこと。

台湾の中華まんがあまりに美味しく、台湾の屋台「大上海煎包」に直談判し1年半修業に励んだけっか、本店からの出店の許可をもらい、なんと姉妹店としてお店がスタート。

本店の味わいに負けぬよう、台湾直輸入の調味料と三河産の豚肉やキャベツ等を使い、美味しい肉まんを提供しているのだ。

・アツアツ・ジューシーな肉まん
こちらのお店で提供されている肉まんは2種類で、肉汁たっぷりの肉包(ロウパオ)と、シャキシャキな食感でヘルシーな菜包(ツァイパオ)。

やはりオススメは肉汁たっぷりの肉包(ロウパオ)。


当日作った皮に包まれた肉まんは、小籠包ではないか?と思うほどアツアツのスープがたっぷりと入っている。

まずはこだわりの厳選素材をつかった美味しいスープを頂き、美味しいスープが飛び出してしまうのを防いでおきたい。


美味しいスープを堪能した後は、皮と餡の競演だ。

甘みのあるモチモチとした皮、そしてどこまでもジューシーで味わい深い餡との味わいは最高。そして肉まんの底の部分が焼き上げられているため、カリッとした香ばしい食感もたまらない。

名古屋を訪れる機会があれば、1つ1つ丁寧に手作りされた肉まんを味わってみてはいかがだろうか?

その情熱と肉汁があふれる味わいを堪能すれば、きっと名古屋の事がこれまでよりも、もっと好きになるにちがいないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 台湾の焼き包子 包包亭 (たいわんのやきぱおず ぱおぱおてい)
住所 愛知県名古屋市中区大須 3-20-14
営業時間  11:30 〜 20:00
定休日 水曜日
公式ページ http://paozu.asia/