【日本麺紀行】沖縄本島から車で行ける離島、瀬長島のウミカジテラスで味わう絶品沖縄そば

日本人だけでなく世界でも認められているグルメの1つと言えばラーメン。

日本全国には数えきれないほどのラーメン店があり、もちろん知られざる名店がキラ星のごとく存在しています。

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 など、たくさんの美味しいお店が存在しています。

甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると言う長野県木曽町の「あすなろ」のチャーシューメンなどを挙げることができるでしょう。

東海地方では、いまや全国区となった名古屋名物の「台湾ラーメン」を初め、一宮市民を魅了しつづける「ベトコンラーメン」に、知られざる岐阜県多治見市の「台南ラーメン」などが存在します。

もちろん北の大地・北海道にも、北海道ラーメンランキングで1位を独占し続ける味噌ラーメンのお店「彩未」や、あの北川景子さんを魅了したショウガラーメンの名店「信月」など、数え上げればきりがありません。

首都圏でいえば、横浜市民が愛するソウルフード・サンマー麺の名店「玉泉亭」、に平塚市民が愛して止まない独自の平塚タンメン日本で初めてミシュランの星を獲得したラーメンなど、もはや美味しいお店を挙げていくことは、とっても難しい状態です。

そんな日本中にある美味しいラーメンの中から、今回は沖縄県の美味しい麺「沖縄そば」を味わえるお店をご紹介しましょう。

それが、沖縄県の瀬長島ウミカジテラスで味わえる沖縄そばのお店「もとぶ熟成麺」です。

瀬長島とは、沖縄本島・那覇空港から最も近い離島です。

離島と言っても、陸路で繋がっているため、那覇空港から車で約15分と空港からのアクセスが非常によい場所。

また少し高台に行くと、手をのばすと触れてしまうのではないかというほど真上に飛行機が通り過ぎるの場所のため、多くのカメラ愛好家も訪れる場所になっています。

そんな場所に新しく出来た商業施設が「瀬長島ウミカジテラス」です。

ウミカジとは沖縄方言で、「海風」という意味。その名の通り、目の前に広がる海を見ながら海風を感じ、お買い物や食事をすることが出来るのが魅力のひとつ。

この施設は白で統一された建物が並んでいて、晴れた日には青空と海とのコントラストがとても美しく、景色も堪能することができます。

そんな洗練された場所で味わえるのが、今回ご紹介するお店が「もとぶ熟成麺」。



お店のなまえにある「もとぶ」とは、沖縄県本島・北西部に位置する国頭群本部町の地名。

美ら海水族館をはじめ、人気の観光スポットが点在する場所です。そして、そんな人気観光スポットにあるのが沖縄そばの有名店が集まる「もとぶそば街道」と呼ばれる場所。

「もとぶ」に沖縄そばのお店が多い理由は、戦前から港町として、カツオなどのダシにつかわれる海産物の水揚げが盛んに行われていたためだといわれています。

こちらの沖縄そばは、ダシとなるカツオがふんだんに使われていて、スープを飲むとフワッと優しい香りと旨味が口全体に広がるのが特徴です。

その美味しいダシは、コシの効いたのど越しの良い太目の平打ち麺とよく合います。

トッピングされている豚バラ肉は、丁寧に時間をかけて煮込んだことがよく分かるほど、ホロホロ柔らかく、口の中で溶けてしまいそうなほど。

フライトまでの空き時間があるかたは、オシャレなスポットで美味しい沖縄そばを味わってみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 もとぶ熟成麺
住所 沖縄県豊見城市瀬長174-6 瀬長島ウミカジテラス
営業時間 11:00~20:00
定休日 無休
HP http://www.umikajiterrace.com/profile/motobu/



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : もとぶ熟成麺

住所 : 沖縄県豊見城市瀬長174-6 瀬長島ウミカジテラス