タモさん御用達のラーメン屋「盛運亭(せいうんてい)」がウマいだけじゃない件


東京・港区南麻布にある古川橋。渋谷川に架かる橋の名の由来にするこの場所は、タモさん好き、ラーメン好きに有名なお店が存在する。

それが今回ご紹介するラーメン店「盛運亭(せいうんてい)」。

タモさんが20年以上通い続けるお店
実はこちらのお店、タモさんが20年以上通い続けている、行きつけのラーメン店。タモリ倶楽部の人気コーナーの「空耳アワー」でも何度か登場するほどのお店なのだ。また、タモさんだけでなく、爆笑問題の太田さん、Mr.マリックさん、メジャーリーガーの青木宣親選手など、数々の有名人が通うラーメン店としても有名なのだ。

創業1983年(昭和58年)の老舗
こちらのお店、創業1983年の老舗。東京ディズニーランドが開園し任天堂からファミコンが発売されるなど日本が高度経済成長で華々しい時代を迎えていた時代に産まれたこちらのお店。現在ではどこにでもあるような町の中華料理屋の様相を呈しているが、その普通の店構えは、有名人であろうとなかろうと、どんなお客でも優しく迎えてくれる、そんな温もりさえ感じる事ができる。

昔ながらの醤油ラーメン
そんなお店で供される人気メニューが昔ながらの醤油ラーメンだ。鶏ガラのスープに濃いめの醤油スープ、ひとくちスープをすすれば、どこか懐かしい、ちょっと前の東京、そんな味わいを感じる事ができる。

麺についてもごく普通の中華麺だが、最後の最後までスープのウマミをしっかりと受け止める麺となっている。しかし特段のこだわりがあるという麺ではない。言葉で表現するのであれば「普通に美味しい」ということになるだろうか。しかしその「普通に美味しい」を実現し、30年以上お店を続ける、というのは難しいことであることに間違いはないだろう。

キラリと光るチャーシュー
特筆しておきたいのがこちらのラーメンに入っているチャーシュー。こちらのチャーシューは豚バラ肉をラードとごま油で揚げることによって豚肉のウマミを閉じ込め、それから秘伝の醤油ダレで煮込み、仕上げられるという手間ひまのかかった特製チャーシュー。チャーシューから溢れ出るウマミは、食べ進めるうちにラーメンのスープに溶け出し、時間の経過とともにラーメン全体を味わい深い一杯へと変化させる。もしかしたらタモさんはこういった味の変化そのものに魅了されたのかもしれない。

ウマいだけでなく、運気上昇のパワースポットとなっている
もちろんウマいラーメンだけではないのがこちらのお店。こちら盛運亭(せいうんてい)という店名、実は有名なお坊さんが立ち寄った際に名付けられたとのこと。そのためか、様々な有名人がこちらのラーメンを味わい、その後運気が上がったという話が尽きないパワースポットとなっている。

もし座席が空いていればだが、いつもタモさんが座るこちらの座席に座ってラーメンを味わう、というのもいいかもしれない。そうすればタモさんのいつもブレない生き方の一端を味わえるかもしれない。

あのタモさんが「笑っていいとも」を長年続けていた間に、何度も通ったであろう「盛運亭」。

麻布・白金というセレブの町にありながら、お店は開店当時のスタイルをそのまま続けており、いまでも「普通に美味しい」を提供しつづけてくれている。

そんな時代に流されないタモさんが長年通い続けたお店は、毎日を継続するために必要な、大切な何かを教えてくれる、そんなお店なのかもしれない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   盛運亭(せいうんてい)
住所   東京都港区南麻布2-7-26
営業時間 11:00頃~翌4:00頃
定休日  無し



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 盛運亭(せいうんてい)

住所 : 東京都港区南麻布2-7-26