映画「アメリ」の舞台となったパリ・モンマルトルの喫茶店で味わうクレーム・ブリュレ


フランス・パリ。

「花の都」として世界中の人々から賞賛されているパリは、観光地としてだけでなく、多くの映画のロケ地としても有名です。

パリを舞台とした映画はたくさんありますが、その中でも2001年11月に日本でも公開されて人気となった映画「アメリ」は、主人公や登場人物たちの織りなす心温まる幸せなパリの日常がスクリーンを通して観客に強く伝わり、既に公開から15年もたった現在でも多くのファンがいるほどです。

・アメリが働いていたカフェ、それが「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」
そんな映画「アメリ」のロケ地は、パリのモンマルトル地区。

19世紀半ばから、多くの有名な芸術家たちが移り住んだモンマルトルは現在でも芸術の街として知られていますが、そんな街の片隅に、映画「アメリ」の主人公が働いていたカフェがあります。

それが「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」。

お店の中には「アメリ」のポスターもあり、この映画の監督ジャン・ピエール・ジュネさんもこのカフェに時々訪れるのだとか。


・アメリの働いていた喫茶店で味わうアメリの大好物「クレーム・ブリュレ」
そんな映画の世界感がそのまま残されている店内で味わいたいのが、アメリの大好物の「クレーム・ブリュレ」。

映画と同じようにパリパリっと表面のカラメルを割って、カスタードクリームを味わってみると、甘いクレームブリュレの中に映画に描かれている甘酸っぱいアメリのかわいらしさも感じる事ができるに違いありません。



もしパリに行く時は、映画のロケ地で味わう映画の世界観も味わってみてはいかがでしょうか?

きっとそこには映画を見た時には感じられなかった、モンマルトルの街の匂いや風の音や空気感をたっぷりと感じられるに違いありません。

そんな映画の肌触りを感じる旅に出かけてみるのも、また1つの旅の形かもしれません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 カフェ・デ・ドゥ・ムーラン(Café des 2 Moulins)
住所 15, rue Lepic 75018 Paris
営業時間 7:00〜翌2:00
休日 なし
メトロ最寄り駅:「Abbesses」12番線もしくは「Blanche」2番線
お店のHP http://cafedesdeuxmoulins.fr/fr
お店のfacebook https://www.facebook.com/caf%C3%A9-les-2-moulins-43499289590/