名古屋・熱田神宮で参拝後は「お休み処 清め茶屋」の抹茶ときよめ餅で疲れを癒してみませんか

愛知県名古屋市熱田区にある神社「熱田神宮」。

古くより多くの人々から崇敬されている日本国内でも格式の高い神宮の一つです。

三種の神器の1つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社として知られており、年間650万人に近い参拝の人々でにぎわう神宮です。

そんな熱田神宮では、古くから参拝した後にお茶をして疲れを癒すお店「お休み処 清め茶屋」があります。

「お休み処 清め茶屋」では、熱田各物の食事や甘味を楽しむことができ、お土産物を購入することもできるので参拝後に是非お寄りいただきたいお店です。

・きよめ餅

きよめ餅は、熱田神宮名物の和菓子。天明5年(1785年)頃、参拝者で賑わう熱田神宮にきよめ茶屋が設けられ、きよめ餅を売り出した所、評判となり、熱田神宮名物となったのだそう。

羽二重餅にこし餡が入っており、栗入りタイプもあります。こちら熱田神宮だけではなく、名古屋駅のキオスクや百貨店、中部国際空港(セントレア)等でも販売していることから、購入しやすく名古屋土産としても人気の高いお土産です。

「お休み処 清め茶屋」では、人気の高い名古屋お土産の「きよめ餅」が抹茶と一緒にその場で食べることができます。

・抹茶・きよめ餅

「お休み処 清め茶屋」でぜひとも食べていただきたいセット「抹茶・きよめ餅」。

抹茶は、季節の和菓子とのセットもありますが、おススメはこちら「きよめ餅」とのセットです。

・きよめ餅

ていねいに炊き上げたこしあんを、つるんとやわらかい羽二重餅でくるんだ人気の銘菓「きよめ餅」。純白に浮き上がる「きよめ」の焼き印は伝統の証。格式高い風味は、昔も今も変わらない味で、ひとくち食べたらほっこり。

・抹茶

お店で点てて出される抹茶は、爽やかな苦味が心地よく濃厚でもっちりとした「きよめ餅」とよく合います。

熱田神宮に多く訪れる外国人観光客の方々にも、日本を象徴する抹茶と和菓子の組み合わせをぜひとも味わっていただきたい。

・南神池(みなみしんいけ)

「お休み処 清め茶屋」から眺める景観は大変素晴らしく、お食事や甘味を楽しみながらその景色を楽しむことができます。

これからの季節は、種類が多いかき氷もおススメです。格式高い熱田神宮で参拝をしたあと、休憩に寄ってみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 お休み処 清め茶屋(休憩所)
住所 愛知県名古屋市熱田区一丁目1番1号 熱田神宮境内
営業時間 9:30~16:30(LO.16:00)
定休日 なし
お店のHP http://www.atsutajingu.or.jp/



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : お休み処 清め茶屋(休憩所)

住所 : 愛知県名古屋市熱田区一丁目1番1号 熱田神宮境内